Changes between Version 2 and Version 3 of AVR-GCC


Ignore:
Timestamp:
Oct 3, 2008 7:36:43 PM (11 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • AVR-GCC

    v2 v3  
    2626== binutils ==
    2727
    28  材料::
    29    * [http://sources.redhat.com/binutils/ このあたりからbinutils-2.18をもらってきます。]
    30    * [http://www.freebsd.org/cgi/cvsweb.cgi/ports/devel/avr-binutils/files/patch-newdevices このあたりからパッチファイルをもらってきます。]
     28 * [http://sources.redhat.com/binutils/ このあたりからbinutils-2.18をもらってきます。]
     29 * [http://www.freebsd.org/cgi/cvsweb.cgi/ports/devel/avr-binutils/files/patch-newdevices このあたりからパッチファイルをもらってきます。]
    3130
    3231{{{
     
    5554}}}
    5655
     56パスを通しておきましょう。
     57
     58{{{
     59% export PATH=/usr/local/avr/bin:$PATH
     60}}}
     61
     62== GMPとMPFR ==
     63
     64最近のGCCは、GMPとかMPFRとかいうソフトを使用します。
     65数学系のライブラリです。
     66もちろん、AVR用のバイナリに組み込まれるのではなくて、コンパイラ自身の実装のために使用しています。
     67これらがインストールされていない場合、GCCのビルドでエラーになります。
     68適切なバージョンがOSにインストール済みなら不要です。
     69ここでは、`/usr/local/avr`の下ではなく、`/usr/local`の下に直接インストールしてしまいます。
     70
     71 * [http://gmplib.org/ このあたりからGMPをもらってきます。]
     72 * [http://www.mpfr.org/ このあたりからMPFRをもらってきます。]
     73
     74{{{
     75% tar xvjf gmp-4.2.4.tar.bz2
     76% cd gmp-4.2.4
     77% mkdir build
     78% cd build
     79% ../configure
     80% make
     81% sudo make install
     82}}}
     83
     84{{{
     85% tar xvjf mpfr-2.3.2.tar.bz2
     86% cd mpfr-2.3.2
     87% mkdir build
     88% cd build
     89% ../configure
     90% make
     91% sudo make install
     92}}}
     93
    5794== GCC ==
    5895