wiki:Arduino-0012-m328-ja

Version 8 (modified by sgk, 11 years ago) (diff)

--

ATmega328P用Arduino 0012統合開発環境

English

Arduino大容量化チップって、ATmega328PにLadyadaさんのブートローダを書き込んだ物です。 「ATmega328Pって、ATmega168とピンコンパチ」だって聞いたことがある人なら、「ArduinoのATmega168と差し替えれば動く」って思うでしょう。 ところが、実際はそうではないのです。

Arduinoの統合開発環境(IDE)での対応が必要です。なぜならば、普通はATmega328Pっていうチップも知らないし、容量が大きくなったことも知りません。「じゃ、ちゃちゃっとパラメータのファイルを書き換えれば…」とか、ちょっと知ってる方なら「boards.txtファイルあたりを…」なんて思うでしょう。ところが、やっぱりそう簡単な話ではありません。

実は、ATmega328Pって、ATmega168とはちょっと遠い間柄なのです。兄弟というよりは、いとこっていう感じ。 何気なく付いている「P」が重要なのです。あまり話題にならないけれど、ATmega168Pっていうチップもあります。 どっちかといえば、こっちに近い。「P」は、「picoPower」テクノロジーのPだそうです。 このテクノロジーの詳しいことは知らなくていいです。 重要なのは、ファームウェアのプログラミングを行うのに重要なヘッダファイルで定義されているマクロが、Pの付いていないシリーズとかなり違うってことです。 ん…。いきなりややこしい話になった感じがします。 実は、Arduinoの統合開発環境ってば、「スケッチを書き込む」ボタンをクリックするたびに、裏側でこっそり「C言語」のコンパイルをやっているのです。 そのため、マクロが違うとコンパイルできなくて、エラーになる。 ん…。これでもよくわからないですよね。 いずれにしても、統合開発環境に含まれている「C言語」のプログラムもあちこち修正してやらなきゃいけないのです。

Arduino 0011について対応してくれた人がいましたが、エラーになる部分がありました。 それに、Arduino 0012には誰も対応してくれていません。 0012使いたいですよね。たとえば、イーサネットシールド用のライブラリは、0011には入っていません。

前置きが長いですね。

ダウンロード

マック用も作りましたが、全くテストしていません。

PCにJavaがすでに入っている人は「JRE無し」を、そうでない人は「JRE有り」を使って下さい。

0011で対応してくれた人のを日本語環境で動くようにした物を置いておきます。

ログ

  • 2009/1/9 マック用を作ってみました。
  • 2009/1/7 ATmega328P以外のボードでエラーになるのを修正しました。
  • 2009/1/6 最初のリリース

使い方

ダウンロードして展開してください。 通常通りarduino.exeを起動します。 メニューの「Tools」→「Board」から「Arduino w/ ATmega328」を選択してください。 あとは普通に使えます。

連絡先

うまく動かない、動いたなど、気が向いたらお知らせください。 メールアドレスは、switch-science.comの前にsgkとアットマークです。

(2009/1/6 - sgk)