Changes between Version 9 and Version 10 of ArduinoDuemilanove


Ignore:
Timestamp:
Oct 26, 2008 3:08:01 AM (11 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ArduinoDuemilanove

    v9 v10  
    136136詳細については、[http://arduino.cc/en/Reference/HomePage リファレンスマニュアル]および[http://arduino.cc/en/Tutorial/HomePage チュートリアル]を参照して下さい。
    137137
    138 Arduino Duemilanoveが搭載しているATmega168には、あらかじめブートローダを書き込んであります。
     138Arduino Duemilanove上のATmega168には、あらかじめブートローダを書き込んであります。
    139139このブートローダにより、外部の書き込み装置を使わずにプログラムを書き込むことが可能になっています。
    140 書き込みの際の通信は、アトメル社が開発したSTK500プロトコル([http://www.atmel.com/dyn/resources/prod_documents/doc2525.pdf リファレンス]、[http://www.atmel.com/dyn/resources/prod_documents/avr061.zip Cのヘッダファイル)です。
     140書き込みの際の通信は、アトメル社が開発したSTK500プロトコル([http://www.atmel.com/dyn/resources/prod_documents/doc2525.pdf リファレンス]、[http://www.atmel.com/dyn/resources/prod_documents/avr061.zip Cのヘッダファイル])です。
    141141
    142142ブートローダを使用せず、ICSPヘッダ(In-Circuit Serial Programming、ISPとも呼ぶ)を使用してATmega168に書き込むこともできます。
    143143[http://arduino.cc/en/Hacking/Programmer 書き込み方法については、このページを参照して下さい。]
    144144
    145 == Automatic (Software) Reset ==
     145== 自動リセット(ソフトウェアリセット) ==
    146146
    147 Rather then requiring a physical press of the reset button before an upload, the Arduino Duemilanove is designed in a way that allows it to be reset by software running on a connected computer. One of the hardware flow control lines (DTR) of the FT232RL is connected to the reset line of the ATmega168 via a 100 nanofarad capacitor. When this line is asserted (taken low), the reset line drops long enough to reset the chip. The Arduino software uses this capability to allow you to upload code by simply pressing the upload button in the Arduino environment. This means that the bootloader can have a shorter timeout, as the lowering of DTR can be well-coordinated with the start of the upload.
     147プログラムを書き込むにはリセットする必要があります。
     148Duemilanoveは、ボード上のリセットボタンを物理的に押さなくても、パソコン上のソフトウェアからリセットすることができます。
     149FT232RLチップが備えるハードウェアフロー制御信号線のうちの1本(DTR)を、0.1μFのコンデンサを介してATmega168のリセット信号線に接続してあります。
     150DTR信号を有効にすると(LOWレベルにすると)、一定時間の間リセット信号線がLOWレベルに維持され、これによってATmega168がリセットされます。
     151この機能により、Arduinoソフトウェアのウィンドウ上のアップロードボタンを押すだけでプログラムを書き込むことが可能になっています。
     152プログラムの書き込みの直前にDTRをLOWレベルにするだけでいいので、ブートローダのタイムアウト(リセット直後にプログラムの書き込みを待つ時間)を短く構成できています。
     153
    148154
    149155This setup has other implications. When the Duemilanove is connected to either a computer running Mac OS X or Linux, it resets each time a connection is made to it from software (via USB). For the following half-second or so, the bootloader is running on the Duemilanove. While it is programmed to ignore malformed data (i.e. anything besides an upload of new code), it will intercept the first few bytes of data sent to the board after a connection is opened. If a sketch running on the board receives one-time configuration or other data when it first starts, make sure that the software with which it communicates waits a second after opening the connection and before sending this data.