Changes between Version 10 and Version 11 of ArduinoDuemilanove


Ignore:
Timestamp:
Oct 26, 2008 3:29:08 AM (11 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ArduinoDuemilanove

    v10 v11  
    152152プログラムの書き込みの直前にDTRをLOWレベルにするだけでいいので、ブートローダのタイムアウト(リセット直後にプログラムの書き込みを待つ時間)を短く構成できています。
    153153
     154こういった構成にしてあることにより、さらに注意すべき点があります。
     155DuemilanoveがMac OS XまたはLinuxが動作しているコンピュータに接続されている場合、コンピュータ上のソフトウェアが(USB経由の)シリアル接続を開くたびに、Duemilanoveはリセットされます。
     156そのため、その直後の0.5秒程度の間、Duemilanove上ではブートローダが動作します。
     157ブートローダはプログラムを書き込むための通信データ以外のデータを無視するように作ってあるため、シリアル接続が開かれた直後に到着したデータは捨てられてしまいます。
     158Duemilanove上のスケッチ(プログラム)がコンピュータ上のソフトウェアから何らかのデータを受け取って動作するようにする場合には、コンピュータ上のソフトウェアはシリアル接続を開いてから1秒以上待ってからデータを送信するようにしてください。
    154159
    155 This setup has other implications. When the Duemilanove is connected to either a computer running Mac OS X or Linux, it resets each time a connection is made to it from software (via USB). For the following half-second or so, the bootloader is running on the Duemilanove. While it is programmed to ignore malformed data (i.e. anything besides an upload of new code), it will intercept the first few bytes of data sent to the board after a connection is opened. If a sketch running on the board receives one-time configuration or other data when it first starts, make sure that the software with which it communicates waits a second after opening the connection and before sending this data.
    156 
    157 The Duemilanove contains a trace that can be cut to disable the auto-reset. The pads on either side of the trace can be soldered together to re-enable it. It's labeled "RESET-EN".
     160Duemilanoveのボード上の「RESET-EN」とマークしてある部分のパターンをカッター等で切断すると、この自動リセット機能を無効化できます。
     161切断場所の左右にはパッドを近接して配置してあるので、切断した場所をまたぐようにハンダを盛り上げてハンダ付けを行えば、再び自動リセット機能を有効にできます。
    158162
    159163== USB Overcurrent Protection ==