Changes between Version 6 and Version 7 of ArduinoDuemilanove


Ignore:
Timestamp:
Oct 26, 2008 1:59:26 AM (11 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ArduinoDuemilanove

    v6 v7  
    8282一部のピンには、特有の役割があります。
    8383
    84  シリアル通信:0番(受信RX)、1番(送信TX)
     84 '''シリアル通信:0番(受信RX)、1番(送信TX)'''
    8585   シリアル通信の送受信に使います。
    8686   これらのピンは、FTDI USB~TTLレベルシリアル通信変換チップの対応するピンに接続されています。
    87  外部割り込み:2番、3番
     87 '''外部割り込み:2番、3番'''
    8888   設定により、これらのピンの値LOW、LOW→HIGHのエッジ、HIGH→LOWのエッジ、いずれかの方向の値の変化によって割り込みをかけることができます。
    8989   詳細については[http://arduino.cc/en/Reference/AttachInterrupt attachInterrupt()関数のページ]を参照してください。
    90  PWM:3番、5番、6番、9番、10番、11番
     90 '''PWM:3番、5番、6番、9番、10番、11番'''
    9191   [http://arduino.cc/en/Reference/AnalogWrite analogWrite()]関数により、8ビットのPWMでアナログ電圧を出力することができます。
    92  SPI:10番(SS)、11番(MOSI)、12番(MISO)、13番(SCK)
     92 '''SPI:10番(SS)、11番(MOSI)、12番(MISO)、13番(SCK)'''
    9393   SPIによる通信に使用することができます。
    9494   SPIはハードウェア的にはサポートされていますが、現時点ではArduino言語ではサポートしていません。
    95  LED:13番
     95 '''LED:13番'''
    9696   13番ピンは、ボード上に搭載したLEDにも接続されています。
    9797   値がHIGHの時に点灯し、LOWの時に消灯します。
     
    101101アナログ入力用のピンの一部には、以下の特殊な機能もあります。
    102102
    103  I2C:アナログ4番(SDA)、アナログ5番(SCL)
    104    [http://wiring.org.co/reference/libraries/Wire/index.html 「Wire」ライブラリ](解説はWiringのウェブサイトにあります)を使用すると、I2C(TWI)による通信を行うことができます。
     103 '''I^2^C:アナログ4番(SDA)、アナログ5番(SCL)'''
     104   [http://wiring.org.co/reference/libraries/Wire/index.html 「Wire」ライブラリ](解説はWiringのウェブサイトにあります)を使用すると、I^2^C(TWI)による通信を行うことができます。
    105105
    106106この他、ボード上には以下のピンがあります。
    107107
    108  AREFピン
     108 '''AREFピン'''
    109109   アナログ入力ピンで入力を行う際の参照電圧を印加します。
    110110   このピンに印加された電圧を参照電圧として使用するかどうかは、[http://arduino.cc/en/Reference/AnalogReference analogReference()]で設定します。
    111  Reset(リセット)ピン
     111 '''Reset(リセット)ピン'''
    112112   このピンへの入力電圧をLOWにすると、搭載しているマクロコントローラをリセットすることができます。
    113113   シールドを搭載するとDuemilanove上のリセットボタンを覆い隠してしまうため、このピンを使ってシールド上にリセットボタンを装備するのが普通です。