Changes between Version 13 and Version 14 of ArduinoFioTest


Ignore:
Timestamp:
Jun 29, 2011 11:33:07 AM (8 years ago)
Author:
ysck
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ArduinoFioTest

    v13 v14  
    1 
    2 == [http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=615 ArduinoFio]をつかってみる。 ==
    3 
    4 「Arduinoが無線化できるらしい」[[BR]]
    5 「XBeeという無線モジュールで簡単にできるらしい」[[BR]]
    6 
    7 そんなことを試してみるのに最適なArduinoが、[http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=615 ArduinoFio]です。[[BR]]
    8 
    9 標準でXBeeを搭載できるハードウェアです。[[BR]]
    10 
    11 さてさて、無線化を試すと行っても色々と必要です。[[BR]]
    12 
    13 [[Image(1.PNG, 500px)]][[BR]]
    14 今回用意したモノは[[BR]]
    15 ・[http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=615 ArduinoFio] 1個[[BR]]
    16 ・[http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=96 XBee シリーズ1 / チップアンテナ] 2個[[BR]]
    17 ・[http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=30 XbeeエクスプローラUSB] 1個[[BR]]
    18 ・センサー(CdSセルと10kΩ抵抗器) 1セット[[BR]] ※実際にはボリュームなどの可変抵抗が分かりやすいかもしれません。[[BR]]
    19 ・その他(ピンヘッダ、ピンソケット、ブレッドボードなど)[[BR]]
    20 
    21 ArduinoFioも購入したままでは使えません。ピンヘッダやピンソケットを付けてあげる必要があります。[[BR]]
    22 [[Image(2.PNG, 300px)]][[BR]]
    23 
    24 扱いやすいのは秋月さんで売ってるこのソケット。[[BR]]
    25 
    26 [[Image(3.PNG, 300px)]][[BR]]
    27 
    28 [http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-03138/ シングルピンソケット(低メス) 1×20 (20P)][[BR]]
    29 
    30 [[Image(4.PNG, 300px)]][[BR]]
    31 
    32 はんだづけするとこんな感じ。[[BR]]
    33 ブレッドボードに指すときはピンヘッダをつかって中継してあげる。[[BR]]
    34 
    35 [[Image(5.PNG, 300px)]][[BR]]
    36 
    37 USB-シリアルでPCからArduinoに命令を書き込むときはL型ピンヘッダを使うと良い感じ。[[BR]]
    38 
    39 [[Image(6.PNG, 300px)]][[BR]]
    40 
    41 というか、L型のピンヘッダじゃなくてもokです。好みですね。[[BR]]
    42 
    43 [[Image(7.PNG, 300px)]][[BR]]
    44 
    45 さて、肝心のXBee設定です。
    461とはいえ、シリーズ1は出荷状態から少し設定を変更するだけで使えちゃったりします。[[BR]]
    472[[Image(8.PNG, 300px)]][[BR]]
     
    7530
    76311点だけ変更します。setup内にあるシリアルの通信速度[[BR]]
    77 Serial.begin(9600); [[BR]]
    78 > Serial.begin(57600); [[BR]]
     32> Serial.begin(9600); [[BR]]
     33 Serial.begin(57600); [[BR]]
    7934先に設定したXBeeの通信速度に合わせます。[[BR]]
    8035
     
    9146
    9247[[Image(12.PNG, 300px)]][[BR]]
    93 
    94 
    95 
    96 
    97