Changes between Version 20 and Version 21 of ArduinoFioTest


Ignore:
Timestamp:
Jun 29, 2011 4:49:38 PM (8 years ago)
Author:
ysck
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ArduinoFioTest

    v20 v21  
    2323[[Image(2.PNG, 300px)]][[BR]]
    2424
    25 扱いやすいのは秋月さんで売ってるこのソケット。[[BR]]
     25扱いやすいのはこんなソケット。[[BR]]
    2626[[Image(3.PNG, 300px)]][[BR]]
    2727
     
    6060[[Image(xbeeconfigtool_win.png, 300px)]][[BR]]
    6161
    62 一緒に使うXBee本体のPAN IDは同じモノ(ex.[1324])をつかって、それぞれ異なるMY ID(ex.[0000]と[0001]など)を割り当てます。[[BR]]
     62一緒に使うXBee本体のPAN IDは同じモノ(ex.[1234])をつかって、それぞれ異なるMY ID(ex.[0000]と[0001]など)を割り当てます。[[BR]]
    6363IDの数字は任意ですが、同じ場所でXBeeを利用する人がいる場合は予め確認をとる必要があります。[[BR]]
    6464
     
    6767XBeeの設定が済みましたら、ArduinoFioへの無線アップロードも可能です。[[BR]]
    6868
    69 ArduinoFioには、StandardFirmataForFioというファームウェア(Arduinoコード)をArduinoIDEを使って書き込みます。
    70 ファイルは「funnel-1.0-r×××/hardware/fio/firmware/StandardFirmataForFio.pde」にあります。
     69ArduinoFioには、StandardFirmataForFioというファームウェア(Arduinoコード)をArduinoIDEを使って書き込みます。[[BR]]
     70ファイルは「funnel-1.0-r×××/hardware/fio/firmware/StandardFirmataForFio.pde」にあります。[[BR]]
    7171
    72 PC側の実行環境であるProcessing用のプログラムは下記のディレクトリのものをつかいました。
    73 「funnel-1.0-r×××/examples/processing/Sample_32_3_ConnectWirelessly.pde (processing)」
     72PC側の実行環境であるProcessing用のプログラムは下記のディレクトリのものをつかいました。[[BR]]
     73「funnel-1.0-r×××/examples/processing/Sample_32_3_ConnectWirelessly.pde (processing)」[[BR]]
    7474
    75 ※ProcessingやFunnelのインストール方法については、「2章 開発環境を整える (P.61) 」を参照ください。
     75※ProcessingやFunnelのインストール方法については、「2章 開発環境を整える (P.61) 」を参照ください。[[BR]]
    7676
    7777[[Image(9.PNG, 300px)]][[BR]]
    78 
    7978ArduinoFioにXBeeを搭載するとこんな感じ。逆向きに指したり、ピンをずらして差してしまったりしないように注意してください。[[BR]]
    80 
    81 「funnel-1.0-r×××/hardware/fio/firmware/StandardFirmataForFio.pde」
    8279
    8380A0に光センサーをつなぐ回路。[[BR]]
     
    8885[[Image(11.PNG, 300px)]][[BR]]
    8986
     87Funnelサーバーを起動して、ハードウェア(ArduinoFioを選択)と通信ポート(COMポート)の設定をします。
     88
     89[[Image(funnelserver.png, 300px)]][[BR]]
     90[[Image(cdstest.png, 300px)]][[BR]]
     91[[Image(processing.png, 300px)]][[BR]]
     92
    9093[[Image(12.PNG, 300px)]][[BR]]
    9194