Changes between Version 27 and Version 28 of ArduinoFioTest


Ignore:
Timestamp:
Jun 29, 2011 5:18:57 PM (8 years ago)
Author:
ysck
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ArduinoFioTest

    v27 v28  
    11
    22== [http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=615 ArduinoFio]をつかってみる。 ==
    3 
    4 「Arduinoが無線化できるらしい」[[BR]]
    5 「XBeeという無線モジュールで簡単にできるらしい」[[BR]]
    6 
    7 そんなことを試してみるのに最適なArduinoが、[http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=615 ArduinoFio]です。[[BR]]
    83
    94[[Image(0.PNG, 300px)]][[BR]]
     
    116「8章 高度なレシピ レシピ32 無線で接続したい (P.369) 」に,沿って実験してみました。
    127
    13 色々と必要です。[[BR]]
     8'''「ArduinoFioにつながったセンサーの値をXBeeで送信して、PC側のXBeeで受信してProcessingをつかい描画します。」'''
     9
     10ハードウェアは、色々と必要です。[[BR]]
    1411[[Image(1.PNG, 300px)]][[BR]]
    1512今回用意したモノは[[BR]]
     
    6764ファイルは「funnel-1.0-r×××/hardware/fio/firmware/StandardFirmataForFio.pde」にあります。[[BR]]
    6865
    69 PC側の実行環境であるProcessing用のプログラムは下記のディレクトリのものをつかいました。[[BR]]
    70 「funnel-1.0-r×××/examples/processing/Sample_32_3_ConnectWirelessly.pde (processing)」[[BR]]
     66Processing用のプログラムは(P.379-380)のモノをそのままじっこうしました。
    7167
    7268※ProcessingやFunnelのインストール方法については、「2章 開発環境を整える (P.61) 」を参照ください。[[BR]]
     
    9389
    9490今回の実験ではFunnelライブラリ等は、[funnel-1.0-r787]のバージョンのもので行いました。[[BR]]
    95