Changes between Version 3 and Version 4 of ArduinoFioTest


Ignore:
Timestamp:
Jun 28, 2011 6:46:44 PM (8 years ago)
Author:
ysck
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ArduinoFioTest

    v3 v4  
    11
    22== [http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=615 ArduinoFio]をつかってみる。 ==
     3「Arduinoが無線化できるらしい」[[BR]]
     4「XBeeという無線モジュールで簡単にできるらしい」[[BR]]
     5
     6そんなことを試してみるのに最適なArduinoが、[http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=615 ArduinoFio]
     7
     8です。[[BR]]
     9
     10標準でXBeeを搭載できるハードウェアです。[[BR]]
     11
     12さてさて、無線化を試すと行っても色々と必要です。[[BR]]
     13
     14[[Image(1.PNG, 500px)]][[BR]]
     15
     16ArduinoFioも購入したままでは使えません。ピンヘッダやピンソケットを付けてあげる必要があります。[[BR]]
     17[[Image(2.PNG, 200px)]][[BR]]
     18
     19扱いやすいのは秋月さんで売ってるこのソケット。[[BR]]
     20
     21[[Image(3.PNG, 200px)]][[BR]]
     22
     23[http://akizukidenshi.com/catalog/g/gC-03138/ シングルピンソケット(低メス) 1×20 (20P)][[BR]]
     24
     25[[Image(4.PNG, 200px)]][[BR]]
     26
     27はんだづけするとこんな感じ。[[BR]]
     28ブレッドボードに指すときはピンヘッダをつかって中継してあげる。[[BR]]
     29
     30[[Image(5.PNG, 200px)]][[BR]]
     31
     32USB-シリアルでPCからArduinoに命令を書き込むときはL型ピンヘッダを使うと良い感じ。[[BR]]
     33
     34[[Image(6.PNG, 200px)]][[BR]]
     35
     36というか、L型のピンヘッダじゃなくてもokです。好みですね。[[BR]]
     37
     38[[Image(7.PNG, 200px)]][[BR]]
     39
     40さて、肝心のXBee設定です。
     41とはいえ、シリーズ1は出荷状態から少し設定を変更するだけで使えちゃったりします。[[BR]]
     42[[Image(8.PNG, 200px)]][[BR]]
     43
     44こんな時にも役に立つのが、小林 茂さんの著書「Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ」です。[[BR]]
     45[[Image(0.PNG, 200px)]]
     46「8章 高度なレシピ レシピ32 無線で接続したい (P.369) 」に,
     47XBeeの使い方が紹介されています。[[BR]]
     48
     49Windows環境であれば、X-CTUを使ってファームウェアアップデートや設定の変更ができます。[[BR]]
     50[http://www.digi.com/support/productdetl.jsp?pid=3352&osvid=57&s=316&tp=5&tp2=0 X-CTUのダウンロード][[BR]]
     51
     52ちょっとしたことならば「XBeeConfigTool」で設定変更できちゃいます。[[BR]]
     53「XBeeConfigTool」は[http://funnel.cc/ funnel.cc]にて入手可能です。[[BR]]
     54[http://code.google.com/p/funnel/downloads/list ダウンロード]にある「funnel-1.0-r×××.zip」というファイルをダウンロード→解凍して、「tools」というディレクトリ内にあります。(2011年6月28日現在)[[BR]]
     55
     56XBeeConfigTool[[BR]]
     57[[Image(xbeeconfigtool_win.png, 200px)]][[BR]]
     58
     59設定は上記のアプリケーションで実行できます。[[BR]]
     60一緒に使うXBeeのPAN IDは同じモノをつかって、それぞれ異なるMY IDを割り当てます。[[BR]]
     61IDの数字は任意ですが、同じ場所でXBeeを利用する人がいる場合は予め確認をとる必要がありますね。[[BR]]
     62
     63XBeeの設定をすれば、ArduinoFioへの無線アップロードも可能です。[[BR]]
     64補足:通信速度の設定変更やシリアル通信のプログラムがあると無線アップロードができなかったりします。[[BR]]
     65
     66[[Image(9.PNG, 200px)]][[BR]]
     67ArduinoFioにXBeeを搭載するとこんな感じ。逆向きに指したり、ピンをずらして差してしまったりしないように注意してください。[[BR]]
     68
     69今回のテストでは、ArduinoIDE Exampleの 「AnalogInOutSerial」を利用します[[BR]]
     70
     711点だけ変更します。setup内にあるシリアルの通信速度[[BR]]
     72> Serial.begin(9600); [[BR]]
     73→ Serial.begin(57600); [[BR]]
     74先に設定したXBeeの通信速度に合わせます。[[BR]]
     75
     76A0に光センサーをつなぐ回路。[[BR]]
     77[[Image(10.PNG, 200px)]][[BR]]
     78
     79電源はリチウムイオンポリマー電池か、もしくはUSB(miniB)から給電します。[[BR]]
     80
     81[[Image(11.PNG, 200px)]][[BR]]
     82
     83電源を入れて、ArduinoIDEのシリアルモニタでセンサーの値が無線で飛んできます。[[BR]]
     84
     85[[Image(12.PNG, 200px)]][[BR]]
    386
    487
    5 [[Image(0.PNG, 200px)]]
    6 [[Image(1.PNG, 200px)]]
    7 [[Image(2.PNG, 200px)]]
    8 [[Image(3.PNG, 200px)]]
    9 [[Image(4.PNG, 200px)]]
    10 [[Image(5.PNG, 200px)]]
    11 [[Image(6.PNG, 200px)]]
    12 [[Image(7.PNG, 200px)]]
    13 [[Image(8.PNG, 200px)]]
    14 [[Image(9.PNG, 200px)]]
    15 [[Image(10.PNG, 200px)]]
    16 [[Image(11.PNG, 200px)]]
    17 [[Image(12.PNG, 200px)]]
    18 [[Image(xbeeconfigtool_win.png, 200px)]]
    1988
    2089