wiki:ArduinoFioTest

Version 28 (modified by ysck, 8 years ago) (diff)

--

ArduinoFioをつかってみる。


小林 茂さんの著書「Prototyping Lab ―「作りながら考える」ためのArduino実践レシピ」
「8章 高度なレシピ レシピ32 無線で接続したい (P.369) 」に,沿って実験してみました。

「ArduinoFioにつながったセンサーの値をXBeeで送信して、PC側のXBeeで受信してProcessingをつかい描画します。」

ハードウェアは、色々と必要です。

今回用意したモノは
ArduinoFio 1個
XBee シリーズ1 / チップアンテナ(XB24-ACI-001) 2個
XbeeエクスプローラUSB 1個
・センサー(CdSセルと10kΩ抵抗器) 1セット
・その他(ピンヘッダ、ピンソケット、ブレッドボードなど)


ArduinoFioは購入したままでは使えません。ピンヘッダやピンソケットを付けてあげる必要があります。


扱いやすいのはこんなソケット。

ArduinoFioは使い方によって、ピンヘッダを付けるか、ピンソケットをつけるか考えます。
ハンダ付けしちゃう前に、使い方を良く考えましょう。やり直しできなくはないですが、少し難易度が高いです。


ピンソケットをはんだづけするとこんな感じ。


ブレッドボードに指すときはピンヘッダをつかって中継してあげる。


USB-シリアル変換を使って、Arduinoに命令を書き込むときはL型ピンヘッダを使うと良い感じ。


というか、L型のピンヘッダじゃなくてもokです。好みですね。


さて、XBee設定です。
PCへの接続は、XbeeエクスプローラUSBが便利です。
XBee本体をXBeeエクスプローラに差して、USB(miniB)を使ってPCに接続する。
外すときは逆の手順です。

Windows環境があれば、X-CTUを使ってファームウェアアップデートや設定の変更ができます。
X-CTUのダウンロード

「XBeeConfigTool」でも設定変更が可能です。

XBeeConfigTool

一緒に使うXBee本体のPAN IDは同じモノ(ex.[1234])をつかって、それぞれ異なるMY ID(ex.[0000][0001]など)を割り当てます。
IDの数字は任意ですが、同じ場所でXBeeを利用する人がいる場合は予め確認をとる必要があります。

「XBeeConfigTool」はfunnel.ccのダウンロードにある「funnel-1.0-r×××.zip」の中に入っています。(2011年6月28日現在)

XBeeの設定が済みましたら、ArduinoFioへの無線アップロードも可能です。

ArduinoFioには、StandardFirmataForFioというファームウェア(Arduinoコード)をArduinoIDEを使って書き込みます。
ファイルは「funnel-1.0-r×××/hardware/fio/firmware/StandardFirmataForFio.pde」にあります。

Processing用のプログラムは(P.379-380)のモノをそのままじっこうしました。

※ProcessingやFunnelのインストール方法については、「2章 開発環境を整える (P.61) 」を参照ください。


ArduinoFioにXBeeを搭載するとこんな感じ。逆向きに指したり、ピンをずらして差してしまったりしないように注意してください。


A0に光センサーをつなぐ回路を組む。書籍と違い、逆さに指しています。


電源はリチウムイオンポリマー電池か、もしくはUSB(miniB)から給電します。


Funnelサーバーを起動して、ハードウェア(ArduinoFioを選択)と通信ポート(COMポート)の設定をします。


Processingにて「Sample_32_3_ConnectWirelessly.pde」を実行する。

問題がなければ以下のような実行画面でセンサーの値に応じてグラフの様なものが描画されます。

実行画面

今回の実験ではFunnelライブラリ等は、[funnel-1.0-r787]のバージョンのもので行いました。

Attachments (23)