Changes between Version 5 and Version 6 of ArduinoMega


Ignore:
Timestamp:
Mar 27, 2009 1:09:16 AM (12 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ArduinoMega

    v5 v6  
    22
    33= Arduino Mega =
     4
     5[http://arduino.cc/en/Main/ArduinoBoardMega 原文はこちら]
    46
    57== 概要 ==
     
    8284   SPIによる通信に使用することができます。
    8385   SPIはハードウェア的にはサポートされていますが、現時点ではArduino言語ではサポートしていません。
    84    SPIのピンは、ICSPヘッダー(ISPヘッダー)にも接続されています。これらは、DuemilanoveやDiecimilaと同じ配列です。
     86   SPIのピンは、ICSPヘッダ(ISPヘッダ)にも接続されています。これらは、DuemilanoveやDiecimilaと同じ配列です。
    8587 '''LED:13番'''
    8688   13番ピンは、ボード上に搭載したLEDにも接続されています。
     
    104106== 通信 ==
    105107
    106 The Arduino Mega has a number of facilities for communicating with a computer, another Arduino, or other microcontrollers. The ATmega1280 provides four hardware UARTs for TTL (5V) serial communication. An FTDI FT232RL on the board channels one of these over USB and the FTDI drivers (included with the Arduino software) provide a virtual com port to software on the computer. The Arduino software includes a serial monitor which allows simple textual data to be sent to and from the Arduino board. The RX and TX LEDs on the board will flash when data is being transmitted via the FTDI chip and USB connection to the computer (but not for serial communication on pins 0 and 1).
     108Arduino Megaには、コンピュータ、他のArduino、あるいは他のマイクロコントローラと通信を行う機能があります。
     109ATmega1280は、TTLレベル(5Vレベル)のUARTが4個内蔵しています。
     110このうちの1個は、FTDI FT232RLによってUSB上の通信に変換され、[http://www.ftdichip.com/Drivers/VCP.htm FTDIドライバ](Arduinoソフトウェアの配布物に同梱してあります)によって、パソコン上では仮想COMポートとして認識されます。
     111Arduinoソフトウェアにはシリアルモニタ機能があり、これを使うとArduinoボードが送信するデータを表示し、またArduinoボードに対してデータを送信することができます。
     112ボード上のLED(RXおよびTX)は、FTDIのチップおよびUSB接続を経由してデータが送受信されると点滅します(ただし、デジタルI/Oピン0番および1番によるシリアル通信だけでは点滅しません)。
    107113
    108 A SoftwareSerial library allows for serial communication on any of the Mega's digital pins.
     114[http://www.arduino.cc/en/Reference/SoftwareSerial ソフトウェアシリアル通信ライブラリ]を使用すれば、シリアル送受信ピン以外の任意のデジタル入出力ピンでもシリアル通信を行うことができます。
    109115
    110 The ATmega1280 also supports I2C (TWI) and SPI communication. The Arduino software includes a Wire library to simplify use of the I2C bus; see the documentation on the Wiring website for details. To use the SPI communication, please see the ATmega1280 datasheet.
     116ATmega1280は、I^2^C(TWI)およびSPIによる通信の機能をも持っています。
     117Arduinoソフトウェアには、I^2^Cによる通信を簡単にするWireライブラリが含まれています。
     118このライブラリの詳細については、[http://wiring.org.co/reference/libraries/Wire/index.html Wiringのウェブサイト]を参照して下さい。
     119SPIによる通信の機能は、現状のライブラリでは提供していません。
     120SPIの使用方法については、ATmega1280のデータシートを参照してください。
    111121
    112 Programming
     122== プログラミング ==
    113123
    114 The Arduino Mega can be programmed with the Arduino software (download). For details, see the reference and tutorials.
     124Arduino Megaにプログラムを書き込むには、Arduinoソフトウェア([http://arduino.cc/en/Main/Software ダウンロード])を使用します。
     125詳細については、[http://arduino.cc/en/Reference/HomePage リファレンスマニュアル]および[http://arduino.cc/en/Tutorial/HomePage チュートリアル]を参照して下さい。
    115126
    116 The ATmega1280 on the Arduino Mega comes preburned with a bootloader that allows you to upload new code to it without the use of an external hardware programmer. It communicates using the original STK500 protocol (reference, C header files).
     127Arduino Mega上のATmega1280には、あらかじめブートローダを書き込んであります。
     128このブートローダにより、外部の書き込み装置を使わずにプログラムを書き込むことが可能になっています。
     129書き込みの際の通信は、アトメル社が開発したSTK500プロトコル([http://www.atmel.com/dyn/resources/prod_documents/doc2525.pdf リファレンス]、[http://www.atmel.com/dyn/resources/prod_documents/avr061.zip Cのヘッダファイル])です。
    117130
    118 You can also bypass the bootloader and program the microcontroller through the ICSP (In-Circuit Serial Programming) header; see these instructions for details.
     131ブートローダを使用せず、ICSPヘッダ(In-Circuit Serial Programming、ISPとも呼ぶ)を使用してプログラムを書き込むこともできます。
     132[http://arduino.cc/en/Hacking/Programmer 書き込み方法については、このページを参照して下さい。]
    119133
    120 Automatic (Software) Reset
     134== 自動リセット(ソフトウェアリセット) ==
    121135
    122 Rather then requiring a physical press of the reset button before an upload, the Arduino Mega is designed in a way that allows it to be reset by software running on a connected computer. One of the hardware flow control lines (DTR) of the FT232RL is connected to the reset line of the ATmega1280 via a 100 nanofarad capacitor. When this line is asserted (taken low), the reset line drops long enough to reset the chip. The Arduino software uses this capability to allow you to upload code by simply pressing the upload button in the Arduino environment. This means that the bootloader can have a shorter timeout, as the lowering of DTR can be well-coordinated with the start of the upload.
     136プログラムを書き込むにはリセットする必要があります。
     137Arduino Megaは、ボード上のリセットボタンを物理的に押さなくても、パソコン上のソフトウェアからリセットすることができます。
     138FT232RLチップが備えるハードウェアフロー制御信号線のうちの1本(DTR)を、0.1μFのコンデンサを介してATmega1280のリセット信号線に接続してあります。
     139DTR信号を有効にすると(LOWレベルにすると)、一定時間の間リセット信号線がLOWレベルに維持され、これによってATmega1280がリセットされます。
     140この機能により、Arduinoソフトウェアのウィンドウ上のアップロードボタンを押すだけでプログラムを書き込むことが可能になっています。
     141プログラムの書き込みの直前にDTRをLOWレベルにするだけでいいので、ブートローダのタイムアウト(リセット直後にプログラムの書き込みを待つ時間)を短く構成できています。
    123142
    124 This setup has other implications. When the Mega is connected to either a computer running Mac OS X or Linux, it resets each time a connection is made to it from software (via USB). For the following half-second or so, the bootloader is running on the Mega. While it is programmed to ignore malformed data (i.e. anything besides an upload of new code), it will intercept the first few bytes of data sent to the board after a connection is opened. If a sketch running on the board receives one-time configuration or other data when it first starts, make sure that the software with which it communicates waits a second after opening the connection and before sending this data.
     143こういった構成にしてあることにより、さらに注意すべき点があります。
     144Arduino MegaがMac OS XまたはLinuxが動作しているコンピュータに接続されている場合、コンピュータ上のソフトウェアが(USB経由の)シリアル接続を開くたびに、Arduino Megaはリセットされます。
     145そのため、その直後の0.5秒程度の間、Arduino Mega上ではブートローダが動作します。
     146ブートローダはプログラムを書き込むための通信データ以外のデータを無視するように作ってあるため、シリアル接続が開かれた直後に到着したデータは捨てられてしまいます。
     147Arduino Mega上のスケッチ(プログラム)がコンピュータ上のソフトウェアから何らかのデータを受け取って動作するようにする場合には、コンピュータ上のソフトウェアはシリアル接続を開いてから1秒以上待ってからデータを送信するようにしてください。
    125148
    126 The Mega contains a trace that can be cut to disable the auto-reset. The pads on either side of the trace can be soldered together to re-enable it. It's labeled "RESET-EN". You may also be able to disable the auto-reset by connecting a 110 ohm resistor from 5V to the reset line; see this forum thread for details.
     149Arduino Megaのボード上の「RESET-EN」とマークしてある部分のパターンをカッター等で切断すると、この自動リセット機能を無効化できます。
     150切断場所の左右にはパッドを近接して配置してあるので、切断した場所をまたぐようにハンダを盛り上げてハンダ付けを行えば、再び自動リセット機能を有効にできます。
     151パターンを切らなくても、リセットピンと5Vピンの間に110Ωの抵抗器を接続することによっても、自動リセット機能を無効にすることができます。
    127152
    128 USB Overcurrent Protection
     153== USBの過電流保護 ==
    129154
    130 The Arduino Mega has a resettable polyfuse that protects your computer's USB ports from shorts and overcurrent. Although most computers provide their own internal protection, the fuse provides an extra layer of protection. If more than 500 mA is applied to the USB port, the fuse will automatically break the connection until the short or overload is removed.
     155誤使用にでショートまたは過電流が流れた場合にコンピュータのUSBポートを壊してしまうのを防ぐため、Arduino Megaにはリセッタブルヒューズを搭載してあります。
     156たいていのコンピュータのUSBポートには過電流保護機能がありますが、リセッタブルヒューズはそれとは異なる保護を行います。
     157USBポートのパスパワーからArduino Megaに500mA以上の過電流が流れると、過電流の状態が解消されるまで、リセッタブルヒューズにより電源が切断されます。
    131158
    132 Physical Characteristics and Shield Compatibility
     159== 物理的形状およびシールドの互換性 ==
    133160
    134 The maximum length and width of the Mega PCB are 4 and 2.1 inches respectively, with the USB connector and power jack extending beyond the former dimension. Three screw holes allow the board to be attached to a surface or case. Note that the distance between digital pins 7 and 8 is 160 mil (0.16"), not an even multiple of the 100 mil spacing of the other pins.
     161Arduino Megaのボードの大きさは、USBコネクタおよび電源ジャックをのぞいて、横4インチ×縦2.1インチです。
     162ボードをケース等にネジ止めするための穴が3個あります。
     163デジタル入出力ピンの7番と8番の間の距離は、160mil(0.16インチ)であり、他のピン間の100mil単位とは異なることに注意して下さい。
    135164
    136 The Mega is designed to be compatible with most shields designed for the Diecimila or Duemilanove. Digital pins 0 to 13 (and the adjacent AREF and GND pins), analog inputs 0 to 5, the power header, and ICSP header are all in equivalent locations. Further the main UART (serial port) is located on the same pins (0 and 1), as are external interrupts 0 and 1 (pins 2 and 3 respectively). SPI is available through the ICSP header on both the Mega and Duemilanove / Diecimila. Please note that I2C is not located on the same pins on the Mega (20 and 21) as the Duemilanove / Diecimila (analog inputs 4 and 5).
     165Arduino Megaは、DiecimilaおよびDuemilanoveのために設計されたほとんどのシールドをそのまま使用できるように設計してあります。
     166デジタルI/Oピンの0番~13番(および隣のAREFおよびGNDピン)、アナログ入力ピンの0番~5番、電源用ピンヘッダ、ICSPヘッダ(ISPヘッダ)は、全て同じ位置にあります。UART(シリアル通信)のメインのピン(0番と1番)、外部割り込みの0と1(2番ピンおよび3番ピン)も同じ位置にあります。SPIについては、ICSPヘッダ(ISPヘッダ)を使用すれば、DuemilanoveおよびDiecimilaとの互換性が保たれます。
     167''I^2^Cについては、Arduino Mega(20番ピンおよび21番ピン)と、DuemilanoveおよびDiecimila(アナログ入力ピンの4番と5番)とで異なることに注意して下さい。''
    137168
    138 Photo of the Arduino Mega by SpikenzieLabs.
     169''このページに掲載したArduino Megaの写真は、!SpikenzieLabsが撮影しました。''