Changes between Version 40 and Version 41 of Conta_Base_Shield


Ignore:
Timestamp:
Dec 19, 2017 2:26:43 PM (7 months ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_Base_Shield

    v40 v41  
    104104\\
    105105\\
     106=== Conta™ 赤外線アレイセンサモジュール AMG8833搭載 ===
     107[http://www.switch-science.com/catalog/3395/ Conta™ 赤外線アレイセンサモジュール AMG8833搭載]は、赤外線アレイセンサが搭載されたセンサモジュールで、8×8ピクセルの2次元赤外線画像が得られます。\\
     108 * このモジュールは3.3VのI^2^Cバスで動作するので、システムの基本構成としては「[http://www.switch-science.com/catalog/789/ Arduino UNO R3](5V)+ [http://www.switch-science.com/catalog/2769/ Contaベースシールド] + 赤外線アレイセンサモジュール」で動作します。[http://www.switch-science.com/catalog/1096/ Arduino Due]やnucleo(例:[http://www.switch-science.com/catalog/2429/ STM32F446RET6] )のような3.3Vシステムでも問題なく接続できます。\\
     109 * 本モジュールはM1~M6のどの位置に刺しても動作します。\\
     110 * 本モジュールはスレーブアドレスが2つ設定できるので、アドレス設定が被らなければ2枚同時に接続できます。\\
     111 * 2つのモジュールを刺す位置は任意ですが、プログラムは2つのスレーブアドレスに対応したものにする必要があります。\\
     112\\
     113\\