Changes between Version 48 and Version 49 of Conta_Base_Shield


Ignore:
Timestamp:
Dec 22, 2017 4:00:51 PM (4 months ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_Base_Shield

    v48 v49  
    5656 * 本モジュールはM1~M6のどの位置に刺しても動作します。\\
    5757 * 本モジュールはスレーブアドレスが変更できないので、複数同時に接続できません。\\
    58  * RPR-0521RSのサンプルプログラム\\
    59   * [https://github.com/SWITCHSCIENCE/samplecodes/tree/master/Conta/2770_RPR0521RS_module/RPR0521RS_module/RPR0521RS_module.ino Arduino用サンプルプログラム(ino)]\\
    60   * [https://github.com/SWITCHSCIENCE/samplecodes/tree/master/Conta/2770_RPR0521RS_module/RPR-0521RS.zip Arduino用ライブラリ(zip)]\\
     58 * RPR-0521RSのサンプルプログラム(Arduino)\\
     59  * [https://github.com/SWITCHSCIENCE/samplecodes/tree/master/Conta/2770_RPR0521RS_module/RPR0521RS_module/RPR0521RS_module.ino サンプルプログラム(ino)]\\
     60  * [https://github.com/SWITCHSCIENCE/samplecodes/tree/master/Conta/2770_RPR0521RS_module/RPR-0521RS.zip ライブラリ(zip)]\\
    6161\\
    6262\\
     
    6767 * 本モジュールから出るアナログ信号(IO1)は、M1~M6の刺す位置によりシステム側のポート番号が変わります。よってプログラムのアナログポート番号はその都度変更する必要があります。\\
    6868 * M1~M6のアナログポートは独立しているので、最大6枚まで同時に接続できます。\\
     69 * ML8511のサンプルプログラム(Arduino)\\
     70  * [https://github.com/SWITCHSCIENCE/samplecodes/tree/master/Conta/2771_ML8511_module/ML8511_module/ML8511_module.ino サンプルプログラム(ino)]\\
     71  * [https://github.com/SWITCHSCIENCE/samplecodes/tree/master/Conta/2771_ML8511_module/ML8511A.zip ライブラリ(zip)]\\
    6972\\
    7073\\