Changes between Version 13 and Version 14 of Conta_design_guidelines


Ignore:
Timestamp:
Dec 1, 2017 6:32:06 PM (2 years ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_design_guidelines

    v13 v14  
    88----
    99 * [#Guidelines '''Conta規格基板群の設計指針''']\\
    10 \\
    1110  * [#StdModuleDesign 標準モジュールの設計]\\
    1211   1. [#StdModuleOutline 標準モジュールの基板形状]\\
    1312   2. [#StdModulePower 標準モジュールの電源]\\
    1413   3. [#StdModuleSignals 標準モジュールの信号線]\\
    15 \\
    1614  * [#ExtModuleDesign 拡張モジュールの設計]\\
    1715   1. [#ExtModuleOutline 拡張モジュールの基板形状]\\
     
    6563 * 最終的な基板外形線(実外形)は、標準モジュール × n の外形線から4辺とも6mil内側にずらした位置になります。\\
    6664  * 例)3x2(6倍)の場合
    67   *   論理外形は、「2.4インチ(2400mil) × 1.6インチ(1600mil)」となります。
    68   *   実外形は論理外形から12mil(6mil×2)小さくなるので、「2.388インチ(2388mil) × 1.588インチ(1588mil)」となります。
     65  *  論理外形は、「2.4インチ(2400mil) × 1.6インチ(1600mil)」となります。
     66  *  実外形は論理外形から12mil(6mil×2)小さくなるので、「2.388インチ(2388mil) × 1.588インチ(1588mil)」となります。
    6967 * EagleのContaライブラリ内には拡張モジュールのシンボルは用意してありません。\\
    70  * もし利用したい組み合わせのシンボルがない場合には、標準モジュール外形の規格を参考にコネクタ・固定穴を配置します。\\
     68 * もし利用したい場合には、Conta 規格のモジュール拡張規格の外形サイズの計算式を参考に実外形を決定します。\\
    7169\\