Changes between Version 17 and Version 18 of Conta_design_guidelines


Ignore:
Timestamp:
Dec 5, 2017 10:52:19 AM (2 years ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_design_guidelines

    v17 v18  
    1010  * [#StdModuleDesign 標準モジュールの設計]\\
    1111   1. [#StdModuleOutline 標準モジュールの基板形状]\\
    12    2. [#StdModulePower 標準モジュールの電源]\\
    13    3. [#StdModuleSignals 標準モジュールの信号線]\\
     12   2. [#StdModuleHole 標準モジュールの固定穴]\\
     13   3. [#StdModulePower 標準モジュールの電源]\\
     14   4. [#StdModuleSignals 標準モジュールの信号線]\\
    1415  * [#ExtModuleDesign 拡張モジュールの設計]\\
    1516   1. [#ExtModuleOutline 拡張モジュールの基板形状]\\
    16    2. [#ExtModulePower 拡張モジュールの電源]\\
    17    3. [#ExtModuleSignals 拡張モジュールの信号線]\\
     17   2. [#ExtModuleHole 拡張モジュールの固定穴]\\
     18   3. [#ExtModulePower 拡張モジュールの電源]\\
     19   4. [#ExtModuleSignals 拡張モジュールの信号線]\\
    1820----
    1921== Conta規格基板群の設計指針 == #Guidelines
     
    3638 * もし利用したい組み合わせのシンボルがない場合には、標準モジュール外形の規格を参考にコネクタ・固定穴を配置します。\\
    3739 * 標準モジュール外形のページでも解説したように、基板の原点は基板外形線から6milずらした位置に設定すると他のパーツの配置が楽になります。\\
     40\\
     41=== 標準モジュールの固定穴 === #StdModuleHole
     42 * 標準モジュールの固定穴は、Conta規格に則って2つ配置されます。\\
     43 * 使用するネジはM2ネジです。よって、固定穴は2.2mmΦ、ネジ避けは4mmΦになります。\\
     44 * EagleのContaライブラリには、シンボル内に2つの固定穴が含まれています。\\
     45 * 規格では規定しませんが、基板間は11mmを想定しています。(一般的なピンヘッダとソケットの組み合わせ)
    3846\\
    3947=== 標準モジュールの電源 === #StdModulePower
     
    6674  *  実外形は論理外形から12mil(6mil×2)小さくなるので、「2.388インチ(2388mil) × 1.588インチ(1588mil)」となります。
    6775 * EagleのContaライブラリ内には拡張モジュールのシンボルは用意してありません。\\
    68  * もし利用したい場合には、Conta 規格のモジュール拡張規格の外形サイズの計算式を参考に実外形を決定します。\\
     76\\
     77=== 拡張モジュールの固定穴 === #ExtModuleHole
     78 * 拡張モジュールの固定穴は、Conta規格に則って2つ以上配置されます。\\
     79 * 使用するネジはM2ネジです。よって、固定穴は2.2mmΦ、ネジ避けは4mmΦになります。\\
     80 * EagleのContaライブラリ内には拡張モジュールのシンボルは用意してありません。\\
     81 * 利用したい場合には、Conta 規格のモジュール拡張規格を参考に固定穴の位置を決定します。\\
     82 * 規格では規定しませんが、基板間は11mmを想定しています。(一般的なピンヘッダとソケットの組み合わせ)
    6983\\
    7084=== 拡張モジュールの電源 === #ExtModulePower
     
    7286 * 基板面積が広くはなりますが、5V供給ピンを単独ピンとしては実装出来ません。必ず他のコネクタと一体となるように配置してください。\\
    7387\\
     88=== 拡張モジュールの信号線 === #ExtModuleSignals
     89 * 拡張モジュールにおいても、標準モジュールと基本的な考え方は同じです。\\
     90\\
     91\\
     92\\