Changes between Version 22 and Version 23 of Conta_design_guidelines


Ignore:
Timestamp:
Dec 5, 2017 3:09:19 PM (20 months ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_design_guidelines

    v22 v23  
    6161=== 標準モジュールのコネクタ === #StdModuleConnector
    6262 * 標準モジュールのコネクタは、3つのコネクタと2本の拡張ピンで構成されています。\\
     63 * これらモジュール側のコネクタはピンヘッダを実装することを想定しています。\\
    6364 * 各コネクタ・拡張ピンの位置はConta規格により決まっています。\\
    6465 * 3つのコネクタと2本の拡張ピンは必要に応じて配置します。詳細は規格に則ってください。\\
     
    7475  (例1:モジュール上にチップ抵抗のパターンだけ用意し、未実装状態で商品化する\\
    7576   例2:値の大きな抵抗を実装し、並列接続時の影響を少なくする)\\
     77\\
    7678\\
    7779\\
     
    103105=== 拡張モジュールのコネクタ === #ExtModuleConnector
    104106 * 拡張モジュールのコネクタも、3つのコネクタと2本の拡張ピンで構成されています。\\
     107 * これらモジュール側のコネクタはピンヘッダを実装することを想定しています。\\
    105108 * 3つのコネクタと2本の拡張ピンは必要に応じて配置します。詳細は規格に則ってください。\\
    106109 * 各コネクタ・拡張ピンの位置はConta規格により決まっています。配置候補のどこかに設定します。\\
     
    112115\\
    113116\\
     117\\
    114118== ベースポートの設計 == #BasePortDesign
    115119Conta規格の標準モジュールや拡張モジュールが刺さる受け口を「Contaベースポート(もしくはベースポート)」と呼称します。\\
    116 ベースポートそのものはConta規格で規定はしていませんが、なるべく多くのContaモジュールに対応できる実装がのぞましいです。\\
     120ベースポートそのものはConta規格で規定はしていませんが、なるべく多くのContaモジュールに対応できる実装が望ましいです。\\
     121ベースポート側のコネクタはピンソケットを実装することを想定しています。\\
    117122\\
    118123=== 標準モジュール用のベースポート === #StdBasePort
    119 
     124 * 標準モジュールは外形・固定穴位置・コネクタ位置が1種類しかないので、すべてのコネクタ・5Vピンを実装するのが理想です。\\
     125 * 5Vピンを含めたすべてのコネクタを実装した場合、ピンソケットをコの字に配置するので物理的なソケット同士の物理的干渉に注意する必要があります。\\
     126 *
    120127\\