Changes between Version 3 and Version 4 of Conta_design_guidelines


Ignore:
Timestamp:
Dec 1, 2017 4:42:53 PM (2 years ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_design_guidelines

    v3 v4  
    2323 * 標準モジュール外形のページでも解説したように、基板の原点は基板外形線から6milずらした位置に設定すると他のパーツの配置が楽になります。\\
    2424\\
    25 
     25=== 標準モジュールの電源 === #StdModulePower
     26 * Conta規格ではモジュールの電源は3.3Vが基本です。\\
     27 * ただ、過去との互換性や電力供給に余裕を持たせるため、5V供給ピンを物理的なオプションとして用意してあります。必要に応じて実装してください。\\
     28 * 3.3V、5V以外の電圧が必要な場合は、基板上にレギュレータを実装して供給してください。\\
     29\\
     30=== 標準モジュールの信号線 === #StdModuleSignals
     31 * Conta規格では一般的なbreakout基板と同様に、なるべくシンプルに信号を引き出します。\\
     32 * モジュールからの信号とマイコンボードとのインターフェースは基本的に基板外で実装します。\\
     33 * ただしレベルシフタのように基板のIC等と不可分な場合には、基板上に実装することを勧めます。\\
     34 * 信号のプルアップ等は規格上では特に規定しません。動作に支障がありそうな場合には適切に追加してください。\\
     35\\