Changes between Version 52 and Version 53 of Conta_design_guidelines


Ignore:
Timestamp:
Dec 12, 2017 11:37:50 AM (2 years ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_design_guidelines

    v52 v53  
    9696\\
    9797=== 拡張モジュールの固定穴 === #ExtModuleHole
    98  * 拡張モジュールの固定穴は、Conta規格に則って2つ以上配置されます。\\
     98 * 拡張モジュールの固定穴は Conta規格に則って2つ以上配置されます。([../Conta_format#ExtFixingHole 拡張時の固定穴配置])\\
    9999 * 使用するネジはM2ネジです。よって、固定穴はΦ2.2、ネジ避けはΦ4.5になります。\\
    100100 * 固定穴には力が掛かることが想定されるので、出来るだけ基板の角に穴があるのが望ましいです。\\
    101101 * EagleのContaライブラリ内には、拡張モジュールのシンボルは用意してありません。\\
    102  * 規格では規定しませんが、基板間は11mmを想定しています。(一般的なピンヘッダとソケットの組み合わせ)\\
     102 * 標準モジュールと同じく、コネクタで接続される基板間は11mmを想定しています。(一般的なピンヘッダとソケットの組み合わせ)\\
    103103\\
    104104=== 拡張モジュールの電源 === #ExtModulePower