Changes between Version 55 and Version 56 of Conta_design_guidelines


Ignore:
Timestamp:
Dec 12, 2017 12:06:11 PM (2 years ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_design_guidelines

    v55 v56  
    124124\\
    125125=== 標準モジュール用ベースコネクタのコネクタ === #StdBaseConnector
    126  * 標準モジュールは外形・固定穴位置・コネクタ位置が1種類しかないので、すべてのコネクタ・5Vピンを実装するのが理想的です。\\
     126 * 標準モジュールは外形・固定穴位置・コネクタ位置が1種類しかないので、すべてのコネクタ・5Vピン・信号を実装するとあらゆる標準モジュールに対応することができます。\\
    127127 * 5Vピンを含めたすべてのコネクタを実装した場合、ピンソケットをコの字に配置するので、ソケット同士の物理的干渉に注意する必要があります。\\
    128128  * ベースコネクタの商品例:Contaベースシールド, http://www.switch-science.com/catalog/2769/
    129  * ホストの都合により一部の信号が無い実装も許可されますが、3グループそれぞれの単位で、実装の取捨選択をしてください。\\
    130   * 例:3.3Vアナログ信号(IO1)を使ったら、汎用IOの5ピンコネクタを実装する。(IO2・IO3を未使用でも5ピンコネクタを使う)
     129 * ホストの都合によりベースコネクタ側の各コネクタの実装が選択できますが、取捨選択の単位はコネクタ単位でしてください。\\
     130  例1:3.3Vアナログ信号(IO1)を使ったら、汎用IOの5ピンコネクタを実装する。(IO2・IO3を未使用でも5ピンコネクタを使う)
     131  例2:I^2^Cバスコネクタ内の全信号を実装しないなら、コネクタ1は実装しなくてもよい。
    131132\\
    132133=== 標準モジュール用ベースコネクタの固定穴 === #StdBaseHole