Changes between Version 67 and Version 68 of Conta_design_guidelines


Ignore:
Timestamp:
Dec 12, 2017 3:50:06 PM (2 years ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_design_guidelines

    v67 v68  
    146146\\
    147147=== 標準モジュール用ベースコネクタの信号 === #StdBaseSignals
    148  * コネクタ1は、2本のI^2^C信号と1本の汎用デジタルI/Oを実装できます。2本のI^2^C信号と電源ピンは必須です。出来るだけセットで実装するのが望ましいです。\\
    149  * コネクタ2は、SPIバスのSS・MOSI・MISO・SCKを実装できます。SSは多くの場合汎用デジタルI/Oで実装します。出来るだけセットで実装するのが望ましいです。\\
     148 * コネクタ1は、2本のI^2^C信号と1本の汎用デジタルI/Oを実装できます。汎用デジタルI/Oは省略可能ですが、出来るだけセットで実装するのが望ましいです。\\
     149 * コネクタ2は、SPIバスのSS・MOSI・MISO・SCKを実装できます。アクセス方向が限定される場合データ線が省略できますが、出来るだけセットで実装するのが望ましいです。\\
    150150 * コネクタ3は3本とも汎用I/Oですが、IO1がアナログ入力、IO2がシリアル通信の受信(モジュールから送信出力)、IO3がシリアル通信の送信(モジュールで受信入力)をゆるい推奨機能とします。ただし、IO1のアナログ入力は標準機能としてできるだけ実現してください。\\
    151  * 各コネクタとも機能限定版として一部の信号だけ実装することは許可されますが、ベースコネクタはできるだけ実装して対応モジュールを多くすることを勧めます。\\
     151 * 各コネクタとも機能限定版として一部の信号を省略できますが、ベースコネクタとしてはできるだけ実装して対応モジュールを多くすることを勧めます。\\
    152152\\
    153153=== 複数のベースコネクタの実装について === #MultiStdBaseConnector
    154  * 複数の標準モジュールを利用できるように複数のベースコネクタを実装できます。\\
    155  * 並べたベースコネクタとの信号線は、ホストシステムに合わせて独立型やバス型の配線になります。この部分は Conta規格とは独立した事象になります。\\
     154 * 複数の標準モジュールを同時に利用できるように、複数のベースコネクタを実装できます。\\
     155 * 並べたベースコネクタとの信号線は、ホストシステムに合わせて独立型やバス型の配線になります。この部分は Conta規格とは独立した事象になります。\\
    156156 * 複数のベースコネクタを並べる場合、'''0.8インチ(800mil)の間隔'''で敷き詰めると拡張モジュールに対応しやすくなります。\\
    157157 * [http://www.switch-science.com/catalog/2769/ Contaベースシールド]では 0.8インチの間隔で 2×3 にベースコネクタを敷き詰めたため、多くの標準/拡張モジュールに対応できます。\\