Changes between Version 6 and Version 7 of Conta_design_guidelines


Ignore:
Timestamp:
Dec 1, 2017 5:03:17 PM (20 months ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_design_guidelines

    v6 v7  
    77[=#GuidelinesIndex]
    88----
    9  * [#Guidelines '''Conta規格の設計指針''']\\
     9 * [#Guidelines '''Conta規格基板群の設計指針''']\\
    1010  * [#StdModuleDesign 標準モジュールの設計]\\
    1111   1. [#StdModuleOutline 標準モジュールの基板形状]\\
     
    1313   3. [#StdModuleSignals 標準モジュールの信号線]\\
    1414----
    15 == Conta規格の設計指針 == #Guidelines
     15== Conta規格基板群の設計指針 == #Guidelines
    1616\\
    1717== 標準モジュールの設計 == #StdModuleDesign
     18Conta規格とは、breakout 基板の外形・コネクタ・信号配列などに一定の規約を設けることで、各基板間の相互接続性を確保するための規格です。\\
     19「標準モジュール」とはセンサーICなどが乗る小さな基板(いわゆる breakout 基板)を指し、Conta の起点となる基板のことです。\\
     20 * 外形は 2㎝×2㎝の正方形とする。\\
     21 * 電源は3.3Vを基本とし、必要に応じて5.0V を用いる。\\
     22 * 利用する信号は、I^2^Cバス、SPIバス、汎用信号を用いる。\\
     23 * コネクタは、I^2^Cバス、SPIバス、汎用信号を主体とした3個のコネクタで構成される。\\
     24 * 基板の固定穴は2つ。\\
     25[[Image(ContaFormat.jpg)]]\\
     26\\
     27
    1828\\
    1929=== 標準モジュールの基板形状 === #StdModuleOutline