Changes between Version 43 and Version 44 of Conta_format


Ignore:
Timestamp:
Dec 1, 2017 11:43:39 AM (2 years ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_format

    v43 v44  
    55
    662. [#Format '''Conta規格''']\\
    7  1. 標準モジュールの外形\\
    8  1. モジュールの固定穴\\
    9  1. ピン配置\\
    10  1. コネクタと信号\\
    11  1. 信号の説明\\
     7 1. [#StdOutline 標準モジュールの外形]\\
     8 1. [#FixingHole モジュールの固定穴]\\
     9 1. [#Connector コネクタとピン配置]\\
     10 1. [##Signals 信号の説明]\\
     113. [#ExtFormat '''モジュール拡張規格''']\\
    1212 1. モジュール拡張時の外形\\
    1313
    14 3. '''Conta規格の設計指針'''\\
     144. '''Conta規格の設計指針'''\\
    1515 1. 標準モジュールの設計\\
    1616----
     
    3535== Conta規格 == #Format
    3636 \\
    37 === 標準モジュールの外形 ===
     37=== 標準モジュールの外形 === #StdOutline
    3838
    3939基板の外形・穴の位置は以下のルールに従います。
     
    5050 \\
    5151
    52 === モジュールの固定穴 ===
     52=== モジュールの固定穴 === #FixingHole
    5353
    5454モジュールの固定穴は以下のルールに従います。
     
    6060 \\
    6161
    62 === コネクタとピン配置 ===
     62=== コネクタとピン配置 === #Connector
    6363
    6464モジュール内のピンは、以下のグループに分類できます。
     
    8282 \\
    8383
    84 === 信号説明 ===
     84=== 信号説明 === #Signals
    8585
    8686◇ コネクタ1(I^2^C)
     
    136136||= 4 =||= IO2 =||= TX =||= 汎用IO =||= シリアル通信のTXを想定。他の信号を配置することもできる。  =||
    137137||= 5 =||= IO3 =||= RX =||= 汎用IO =||= シリアル通信のRXを想定。他の信号を配置することもできる。  =||
    138  \\
    139  \\
    140  \\
     138\\
     139\\
     140\\
    141141
    142 == モジュール拡張規格 ==
     142== モジュール拡張規格 == #ExtFormat
     143\\
     144== モジュール拡張規格 == #ExtFormat
    143145
    144146標準の2cm四方のモジュールで大きさが足りない場合、2倍・4倍の大きさのモジュールを作成できます。