Changes between Version 47 and Version 48 of Conta_format


Ignore:
Timestamp:
Dec 1, 2017 12:10:11 PM (20 months ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Conta_format

    v47 v48  
    2929 * コネクタは、I^2^Cバス、SPIバス、汎用信号を主体とした3個のコネクタで構成される。
    3030 * 基板の固定穴は2つ。
    31 
    32 [[Image(ContaFormat.jpg)]]
    33  \\
    34  \\
    35  \\
     31[[Image(ContaFormat.jpg)]]\\
     32\\
     33\\
     34\\
    3635
    3736== Conta規格 == #Format
    38  \\
     37
    3938=== 標準モジュールの外形 === #StdOutline
    4039
     
    4645 * 基板の4隅はR1(1mm)で丸めます。
    4746
    48 [[Image(ContaForm.jpg​)]]
    49 
     47[[Image(ContaForm.jpg​)]]\\
    5048※図中のグリッドは0.1インチです。
    51  \\
    52  \\
     49\\
     50\\
    5351
    5452=== モジュールの固定穴 === #FixingHole
     
    5957 * モジュールにある固定穴はΦ2.2です。基本的に2つ開けます。
    6058 * 固定穴の周囲Φ4.0の領域は、ネジよけのため部品面/はんだ面とも部品・パターン配置禁止です。
    61  \\
    62  \\
     59\\
     60\\
    6361
    6462=== コネクタとピン配置 === #Connector
     
    7169 * 5Vピンは2ピンともオプションピンです。
    7270
    73 [[Image(ContaPins.jpg​)]]
     71[[Image(ContaPins.jpg​)]]\\
    7472
    7573またこれらコネクタの実装には、以下のルールが存在します。
     
    8179
    8280'''コネクタの5V拡張例'''\\
    83 [[Image(ConnectorExample.jpg​)]]
    84  \\
     81[[Image(ConnectorExample.jpg​)]]\\
     82\\
    8583
    8684=== 信号説明 === #Signals
    8785
    88 ◇ コネクタ1(I^2^C)
    89 
     86◇ コネクタ1(I^2^C)\\
     87\\
    9088 * I^2^Cバスを利用したい場合に使う5ピンヘッダ。
    9189 * コネクタの位置は、基板の右端で、上端から200mil、下端から100mil開けたところ。
    9290 * 下端100milのところにオプションで5Vピンを配置可能。その場合、6ピンコネクタを使うことを推奨。
    9391 * 3番ピンは汎用デジタルIO。モジュール側の都合で方向を決定する。
    94 
    95 [[Image(CON1_Signal.jpg​)]]
    96 
     92\\
     93[[Image(CON1_Signal.jpg​)]]\\
     94\\
    9795||= No. =||=  ピン名  =||=  標準機能  =||=  拡張機能  =||= ピン説明  =||
    9896||= 1 =||= 3.3V =||= 3.3V =||= - =||= 3.3Vピン。専用ピン。  =||
     
    10199||= 4 =||= SDA =||= SDA =||= - =||= I^2^CバスのSDA。専用ピン。  =||
    102100||= 5 =||= SCL =||= SCL =||= - =||= I^2^CバスのSCL。専用ピン。  =||
    103  \\
     101\\
    104102
    105 ◇ コネクタ2(SPI)
    106 
     103◇ コネクタ2(SPI)\\
     104\\
    107105 * SPIバスを利用したい場合に使う6ピンヘッダ。
    108106 * コネクタの位置は、基板の下端で、左右それぞれ100mil開けたところ。
    109107 * 左右100milの場所それぞれにオプションで5Vピンを配置可能。
    110108 * オプションの5Vピンを配置したいとき、コネクタ1と3がない場合にコネクタ2と一体化させることを推奨。
    111 
    112 [[Image(CON2_Signal.jpg​)]]
    113 
     109\\
     110[[Image(CON2_Signal.jpg​)]]\\
     111\\
    114112||= No. =||=  ピン名  =||=  標準機能  =||=  拡張機能  =||= ピン説明  =||
    115113||= 1 =||= 3.3V =||= 3.3V =||= - =||= 3.3Vピン。  =||
     
    118116||= 4 =||= MISO =||= データ入力 =||= - =||= SPIバスのデータ入力ピン。(マスタ入力)  =||
    119117||= 5 =||= SCK =||= クロック =||= - =||= SPIバスのクロックピン。  =||
    120 ||= 6 =||= GND =||= GND =||= - =||= グランドピン。専用ピン。  =||
     118||= 6 =||= GND =||= GND =||= - =||= グランドピン。専用ピン。  =||\\
     119※コネクタ2は全ピン専用ピン\\
     120\\
    121121
    122 ※コネクタ2は全ピン専用ピン
    123  \\
    124 
    125 ◇ コネクタ3(汎用)
    126 
     122◇ コネクタ3(汎用)\\
     123\\
    127124 * I^2^Cバス、SPIバス以外の信号を接続するときに使う5ピンヘッダ。一部利用の場合でも5ピン用意する。
    128125 * コネクタの位置は、基板の左端で、上端から200mil、下端から100mil開けたところ。
    129126 * 下端100milのところにオプションで5Vピンを配置可能。その場合、6ピンコネクタを使うことを推奨。
    130127 * 3番ピンはアナログ信号(モジュールから出力)。4番ピン、5番ピンはシリアルのTxD、RxDを想定。ただし専用ピンではなく、モジュールの機能に依存。
    131 
    132 [[Image(CON3_Signal.jpg​)]]
    133 
     128\\
     129[[Image(CON3_Signal.jpg​)]]\\
     130\\
    134131||= No. =||=  ピン名  =||=  標準機能  =||=  拡張機能  =||= ピン説明  =||
    135132||= 1 =||= 3.3V =||= 3.3V =||= - =||= 3.3Vピン。専用ピン。  =||
     
    152149基板形状は長方形・正方形となるように連結し、L形やコの字の基板外形は推奨しません。
    153150
    154 [[Image(ContaExtension.jpg)]]
     151[[Image(ContaExtension.jpg)]]\\
    155152
    156153取付け穴やコネクタに関するルールも基準となる標準モジュールのルールを引き継ぎます。従って、配線禁止領域やコネクタ位置なども標準モジュールで存在した場所のいずれかに配置することになります。
     
    175172 * 基板内側へのコネクタの配置は推奨しない。
    176173
    177 [[Image(ContaExtensionConnector.jpg)]]
    178  \\
     174[[Image(ContaExtensionConnector.jpg)]]\\
     175\\
    179176
    180177=== モジュール拡張時の例 === #ExtExample