wiki:Conta_format

Version 11 (modified by aoki, 3 months ago) (diff)

--

Conta規格

Conta規格とは、brekaout基板の外形・コネクタ・信号配列などに一定の規約を設けることで、 各基板間の相互接続性を確保するための規格です。

基本となる主な規約には以下の物があります。

  1. 外形は 2㎝×2㎝の正方形とする。
  2. 電源は3.3Vを基本とし、必要に応じて5.0V を用いる。
  3. 利用する信号は、I²Cバス、SPIバス、汎用信号を用いる。
  4. コネクタは、I²Cバス、SPIバス、汎用信号を主体とした3個のコネクタで構成される。
  5. 基板の固定穴は2つ。




規格詳細


標準モジュールの外形

基板の外形・穴の位置は以下のルールに従います。

  • 基板の形は0.05インチ(50mil)グリッドを基本に考えられてます。
  • 基板の外形は、一辺が800milからなる正方形から各辺6milづつ内側にした、788mil(≒2cm)四方の正方形になります。
  • ピンヘッダ・取り付け穴の位置は、50milグリッドの交点上に配置されます。
  • 基板の4隅はR1(1mm)で丸めます。

基板の外形

※図中のグリッドは0.1インチです。



モジュールの固定穴

モジュールの固定穴は以下のルールに従います。

  • 基板の固定にはM2のネジを使います。
  • モジュールにある固定穴はΦ2.2です。基本的に2つ開けます。
  • 固定穴の周囲Φ4.0の領域は、ネジよけのため両面とも部品、パターン配置禁止です。

ピン配置

信号ピンは主に3つのグループに分かれています。

  • コネクタ1はI2Cバスのグループです。
  • コネクタ2はSPIバスのグループです。
  • コネクタ3は汎用ピングループです。
  • 5Vピンは必要に応じて利用します。

ピン配置



コネクタ

コネクタの配置には以下のルールが存在します。

  • 3それぞれつのコネクタは独立しているので、利用用途に合わせて実装します。
  • コネクタ1~3のコネクタは、未利用の信号ピンも一体のコネクタとして実装します。 (コネクタ1、3は5ピン。コネクタ2は6ピンのコネクタとして実装)
  • 基板の下 両隅の5Vピンは必要に応じて実装します。ただし、5V単品のコネクタは許可されません。必ず他のコネクタと一体となるように配置します。
  • 2つ以上のコネクタと5Vピンを実装する場合、どのコネクタと一体にしてもかまいません。ただこの時も5V単品のコネクタの実装は許可されません。

Attachments (16)

Download all attachments as: .zip