Changes between Version 7 and Version 8 of CraftRoboReflow_e


Ignore:
Timestamp:
Sep 13, 2012 7:46:21 PM (7 years ago)
Author:
maki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • CraftRoboReflow_e

    v7 v8  
    1818Software
    1919 1. Eagle CAD
    20  2. ROBO Master or Silhouette Studio (softwares for our cutting plotters.)
     20 2. ROBO Master or Silhouette Studio (Bundled software of the cutting plotters.)
    2121
    22 === 手順 ===
     22=== directions ===
    2323 * Create stencil data
    2424 1. Download "cream-dxf.ulp", and put the file into the ulp folder of EagleCAD. This Eagle ULP script exports the Eagle cream layers to DXF for a cutting plotter.
     
    2626  [[Image(wiki:CraftRoboReflow:1.png, 300px)]]
    2727
    28  2. Open brd file you will be making a stencil for on EagleCAD.
     28 2. Open your EAGLE .brd file.
    2929 3. Click "ULP", choose "cream-dxf.ulp", and click "Open".
    3030
     
    3737
    3838 5. You can find "xxx-bcream.dxf" and "xxx-tcream.dxf" in the folder of the .brd file.
     39
    3940 * Cut!
    40  1. Import data into ROBO Master or Silhouette Studio
    41   * 開くと描画エリアの左下の方に表示されるので、全選択して真ん中の方に移動させる。させないと、うまく切り取れないことがあって悲しくなります。
    42  7. 以下のように切り取りの設定をする
     41 1. Import DXF into ROBO Master or Silhouette Studio
     42  * If you use Silhouette Studio, please set the import options before importing data
     43   * If you use Windows -> File>Option>Import Options and set Document Position "As-is", and File>Open
     44   * If you use Mac OSX -> Silhouette Studio > Preferences... > Import Options and set Document Position "As-is" and File>Open
     45 2. Set the cutting option
     46 {{{
     47 Speed: 1
     48 Thickness: 33
     49 Adjust your blade to the following setting: 5
     50 }}}
     51 3. Set polypropylene synthetic paper
     52  * Please use a shabby cutting mat. New cutting mat is too sticky for polypropylene synthetic paper.
    4353
    44  {{{
    45  品質:1
    46  紙:33
    47  デザインの向き:横
    48  *黄色いキャップをつけろと言われるが、無視して必ず青いキャップをつける。
    49   紙を33に設定すると、ソフトは厚紙と認識してしまうが、実際に使うポリプロピレン合成紙は薄いので青色キャップでないとカッティング台紙まで切れたりえぐれたりする。
    50   紙を33に設定するのは、ポリプロピレン合成紙が少し固いため、強く切ってほしいからです。
    51  }}}
    52 
    53  8. ポリプロピレン合成紙をカッティング台紙に貼る。
    54   * 新しいカッティング台紙は粘着力がありすぎるので、何度か使用して粘着力が弱くなっているものを使って下さい。新しいカッティング台紙を使う場合は、粘着面を布などに数回押し付けて、粘着力を下げてから使って下さい。下げていないと、台紙から合成紙をうまくはがせなくなります。
    55  9. クラフトロボに用紙をセットする。
    56   * 合成紙が平らにクラフトロボに入って行けるように、下に雑誌などを置くと良いです。カッティング台紙の粘着力を弱くしてるので、紙と台紙の間に隙間ができたりしていると、うまく切れないことがあります。
    57  
    5854 [[Image(wiki:CraftRoboReflow:RIMG0008.JPG, 300px)]]
    59  
    60 10. 切る。
    61  
    6255 [[Image(wiki:CraftRoboReflow:RIMG0009.JPG, 500px)]]
    6356 
    64 11. セロハンテープで、切った部分を取り除く
    65   * この工程が一番大事です!これをやらないと、はがした後の台紙の掃除がものすごく大変で悲しい気持ちになります。
     57 4. Remove the cutting part using Scotch tape.
    6658 
    6759 [[Image(wiki:CraftRoboReflow:RIMG0031.JPG, 300px)]]
    6860 
    69 12. ポリプロピレン合成紙を台紙からはがす
    70   * はがすときは、紙を台紙から引っ張るのではなく、必ず台紙を曲げてはがして下さい。ポリプロピレン合成紙はのびやすいので、引っ張るとのびてしまって使えなくなったりします。
     61 5. Remove the stencil from the cutting mat
     62  * When you remove the stencil from the cutting mat, you should bend the cutting mat, not pull the stencil. Polypropylene synthetic paper gets longer when you pull it forcibly.
    7163 
    72  [[Image(wiki:CraftRoboReflow:RIMG0022.JPG, 300px)]] [[Image(wiki:CraftRoboReflow:RIMG0019.JPG, 300px)]]
     64 ○[[Image(wiki:CraftRoboReflow:RIMG0022.JPG, 300px)]] ×[[Image(wiki:CraftRoboReflow:RIMG0019.JPG, 300px)]]
    7365 
    74  左の写真のようにはがして下さい。紙を無理に引っ張るとの右の写真のようになります。
    7566
    766713. できあがり!