Changes between Initial Version and Version 1 of HiKeyQuickStartGuide


Ignore:
Timestamp:
Jan 10, 2016 11:02:02 PM (4 years ago)
Author:
ytsuboi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • HiKeyQuickStartGuide

    v1 v1  
     1= HiKey Quick Start Guide =
     2
     3== 1. 使うもの ==
     4 1. MicroSDカード(必須ではない)[[BR]]4GB以上、Class 10のマイクロSDカード推奨。
     5 2. HDMI(Type A) to HDMI/VGAケーブル
     6 3. キーボードとマウス(必須ではない)[[BR]]一般的なUSBキーボードとマウスであれば使えるはずです。ワイヤレスなど電力を消費するものは、セルフパワードのUSBハブを間に挟む必要があるかもしれません。
     7 4. DC電源[[BR]]12V 2AのACアダプタを推奨。
     8 5. Linuxがインストールされたパソコン[[BR]]VMware WorkstationやVMware Fusionを使っても構いません。UbuntuかFedoraが良いでしょう。
     9 6. USBケーブル(A-microBタイプ)[[BR]]HiKeyにOSを書き込むために使います。
     10 7. 2mmピッチジャンパーピン[[BR]]HiKeyにOSを書き込むために使います。
     11
     12== 2. OSインストールの準備 ==
     13HiKeyを愉しむ前に、OS(オペレーティングシステム)をマイクロSDカードかeMMC NANDフラッシュにインストールしなければなりません。DebianはマイクロSDカードとeMMC NANDフラッシュのどちらにもインストールすることができますが、Androidは今のところeMMC NANDフラッシュにのみインストールすることができます。下記の説明は、Linuxマシンを使って、マイクロSDカードやeMMC NANDフラッシュにOSイメージを書き込む方法です。
     14
     15=== 2.1 OSイメージのダウンロード ===
     16'''リリース版'''のOSイメージは、[http://www.lemaker.org/product-hikey-resource.html  LeMaker Hikey Resourse]からダウンロードすることができます。また、書き込みツールとブートローダは、[https://builds.96boards.org/releases/hikey/linaro/binaries/latest/]からダウンロードすることができます。[[BR]]
     17'''注:リリース版は安定版ですが、スナップショット版は安定していません。リリース版を使う事を推奨します。'''
     18
     19OSイメージの書き込み前に、次のファイルを入手しましょう。
     20||種類||Debian||Android||
     21||書き込みツール||hisi-idt.py[[BR]]l-loader.bin||hisi-idt.py[[BR]]l-loader.bin||
     22||ブートローダ||fip.bin[[BR]]ptable-linux-8g.img[[BR]]nvme.img||fip.bin[[BR]]ptable-aosp-8g.img[[BR]]nvme.img||
     23||カーネル||boot-fat.uefi.img||boot-fat.uefi.img||
     24||ファイルシステム||'''eMMC:''' hikey-jessie_alip_2015MMDD-nnn-8g.emmc.img[[BR]]'''SD カード:''' hikey-jessie_alip_2015MMDD-nnn.img'''(カーネルとファイルシステム)'''||cache.img[[BR]]system.img[[BR]]userdata-8g.img||
     25
     26'''注:''''DebianのSDカード用イメージファイルは、カーネルとファイルシステムを含む'''hikey-jessie_alip_2015MMDD-nnn.img'''一つです。SDカードを使う場合、eMMCのブートローダを使い、SDカードの最初のパーティションにあるカーネルを読み込み、SDカードの二番目のパーティションをルートファイルシステムとしてマウントするためです。
     27=== 2.2 ハードとソフトの準備 ===
     28'''ステップ1:''' Ubuntu(例えば[http://www.ubuntu.com/download/desktop/install-ubuntu-desktop Ubuntu 14.4 LTS])や[https://getfedora.org/workstation/ Fedora]をインストールします。[[BR]]私は、VMware Fusionに、[https://www.ubuntulinux.jp/download/ja-remix Ubuntu 15.10 Desktop 日本語 Remix 64bit版]をインストールしました。[[BR]]
     29'''ステップ2:''' fastbootをLinuxにインストール。
     301. 次のコマンドを入力して、インストールします。
     31{{{
     32sudo apt-get update
     33sudo apt-get install android-tools-fastboot       // On Debian/Ubuntu
     34}}}
     35    注:インストールに失敗する場合、次のdeb sourceを/etc/apt/sources.listに追加してください。
     36{{{
     37deb http://archive.ubuntu.com/ubuntu trusty universe restricted main multiverse
     38}}}
     39
     402. /etc/udev/rules.d/51-android.rulesを作ります。root権限が必要ですので、次の様にコマンドを実行します。
     41{{{
     42sudo vim /etc/udev/rules.d/51-android.rules
     43}}}
     44    もしくは、次の様にしても良いでしょう。
     45{{{
     46sudo gedit /etc/udev/rules.d/51-android.rules
     47}}}
     48    ファイルを開いたら、次の内容を追加しましょう。
     49{{{
     50# fastboot protocol on HiKey
     51SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="18d1", ATTR{idProduct}=="d00d", MODE="0660", GROUP="dialout"
     52# adb protocol on HiKey
     53SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="12d1", ATTR{idProduct}=="1057", MODE="0660", GROUP="dialout"
     54# rndis for HiKey
     55SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="12d1", ATTR{idProduct}=="1050", MODE="0660", GROUP="dialout"
     56}}}
     57'''ステップ3:'''