Changes between Version 4 and Version 5 of HomeReflowKit


Ignore:
Timestamp:
Nov 22, 2011 1:40:19 AM (7 years ago)
Author:
sgk
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • HomeReflowKit

    v4 v5  
    88http://www.flickr.com/photos/sgk/6350514350/
    99
    10 あくまでもリフローを試していただくのが目的なので、
    11 ATmega32U4の機能云々については期待しないでください。
     10あくまでもリフローを試していただくのが目的なので、できあがったボードの機能とか回路については期待しないでください。
    1211
    1312== 内容物 ==
     
    3231http://www.amazon.co.jp/gp/product/B0016V45MG
    3332
     33== 概要 ==
     34
    3435主な部品は1608サイズです。
    3536部品は、番号のついたピルケースにバラで入れてあります。
     
    3738静電気でケースの隅に張り付いている事もあります。
    3839
    39 コネクタはマイクロUSB Bレセプタクルです。
    40 USB経由でDFUでファームウェアを書き込めます。
    41 AtmelがFlipという書き込みソフトを配布しています。
     40USBコネクタはマイクロUSB Bレセプタクルです。
     41ファームウェアの書き込みには、書き込み装置は不要です。
     42USB経由でDFUでファームウェアを書き込みます。
     43[http://www.atmel.com/dyn/products/tools_card.asp?tool_id=3886 AtmelがFlipという書き込みソフトを配布しています。]
     44
     45ブートローダを書き換えたい場合には、書き込み装置を使って書き込む必要があります。
    4246ICSPに必要な信号はすべてエッジに出してあります。
    43 ICSPの6ピンに変換する配線を行えばICSPでも書き込めるでしょう
     47ICSPの6ピンに変換する配線を行なってください
    4448
    4549エッジのピンヘッダのシルク印刷は、Arduino Leonardo互換をめざした物です。
    4650しかしながら、基板製作後にAVRのピンとの対応が変更されたため、一部異なります。
    4751特に、A6以降が異なるでしょう。ご注意ください。
     52
     53== 製作手順 ==
     54