wiki:MAX31855

Version 1 (modified by maris, 8 years ago) (diff)

--

MAX31855 K型熱電対温度センサ(SPI接続)

K型熱電対を使用した温度計モジュール。SPIでつなぎます。 ・冷接点補償はチップに内蔵 ・-200℃~+700℃の温度範囲で±2℃の熱電対精度 ・分解能は、0.25℃ ・電源電圧3.3V

チップの電源電圧が3.3Vになったので、Arduino UNOなどでは/SSとSCKを抵抗分圧などで5V→3.3V変換してください。

熱電対は比較的熱容量が小さいので、温度変化の検出が早いです。 常温程度の温度をモニタしていても、案外面白いです。

概要

  • K型熱電対を使用(接続はミニチュアコネクタ)
  • マイコンとはSPI接続(読み出しのみ)
  • Maxim社のMAX6675を使用。

特徴

いい点:

  • 校正不要
  • -200℃~1350℃の広範囲を測定

悪い点:

  • 0.25℃刻みなのがちょっと粗い。
  • 常温付近では相対的に誤差が大きい。

用途

  • ハンダごてのコテ先温度計
  • なんちゃってリフロー
  • 恒温槽
  • 各種実験

回路図

No image "3.png" attached to MAX31855

オープンソースだなんてほどのことはありません。

キット販売中

キットとして販売中です。 K型熱電対コネクタの付け替え作業があります。 熱電対レセプタクルのハンダ付けには、太いコテ先が必須。

内容物:

  • ボード(Maxim MAX31855 および チップコンデンサ搭載)
  • K型熱電対専用レセプタクル基板直付け用(ミニチュア)
  • ピンヘッダ6ピン
  • K型熱電対(安物なので高温だと被覆が燃えます)
  • K型熱電対専用プラグ(ミニチュア、黄色)

Attachments (5)

Download all attachments as: .zip