Changes between Version 1 and Version 2 of MAX31855Instruction


Ignore:
Timestamp:
Feb 9, 2012 4:51:28 PM (8 years ago)
Author:
maris
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • MAX31855Instruction

    v1 v2  
    4242== 熱電対 ==
    4343
    44 [[Image(3.JPG, 500px)]]
     44[[Image(wiki:MAX6675Instruction:3.JPG, 500px)]]
    4545
    4646熱電対のプラグを取り替えます。
    4747なぜならば、元から付いている安いプラグはサイズが微妙に規格に合ってなくて、レセプタクルにささらないからです。
    4848
    49 [[Image(4.JPG, 500px)]]
     49[[Image(wiki:MAX6675Instruction:4.JPG, 500px)]]
    5050
    5151プラグのふたを開けます。安いプラグはプラスドライバ、新しいプラグはマイナスドライバです。
    5252
    53 [[Image(5.JPG, 500px)]]
     53[[Image(wiki:MAX6675Instruction:5.JPG, 500px)]]
    5454
    5555ゴムブッシュの上面にボールペンで印をつけておきます。
    5656熱電対には極性があるので、向きがわからなくならないようにするためです。
    5757
    58 [[Image(6.JPG, 500px)]]
     58[[Image(wiki:MAX6675Instruction:6.JPG, 500px)]]
    5959
    6060新しいプラグに移植しました。
     
    6464この部分にワイヤをはさんでしまわないように注意してください。
    6565
    66 [[Image(7.JPG, 500px)]]
     66[[Image(wiki:MAX6675Instruction:7.JPG, 500px)]]
    6767
    6868熱電対のできあがりです。
     
    7373部品が大きい上に、ベタアースが大きく取ってあるため、だいぶ手強いです。
    7474
    75 [[Image(14.JPG, 500px)]]
     75[[Image(wiki:MAX6675Instruction:14.JPG, 500px)]]
    7676
    7777コテ先はこんな形の物を使います。もう少し太い方がいいかも。
    7878
    79 [[Image(15.JPG, 500px)]]
     79[[Image(wiki:MAX6675Instruction:15.JPG, 500px)]]
    8080
    8181表側の写真を取り忘れました。
     
    8787幸い、レセプタクルのプラスチックは熱に強いので、じっくりじっくり温めても大丈夫なようです。
    8888
    89 [[Image(16.JPG, 500px)]]
     89[[Image(wiki:MAX6675Instruction:16.JPG, 500px)]]
    9090
    9191表にしてみました。
    9292まだ、+端子、―端子はハンダ付けしてません。
    9393
    94 [[Image(17.JPG, 500px)]]
     94[[Image(wiki:MAX6675Instruction:17.JPG, 500px)]]
    9595
    9696裏返して、左下の端子をハンダ付けします。
     
    9898このため、比較的簡単にハンダ付けできるはずです。
    9999
    100 [[Image(18.JPG, 500px)]]
     100[[Image(wiki:MAX6675Instruction:18.JPG, 500px)]]
    101101
    102102左上の端子もハンダ付けします。
    103103
    104 [[Image(19.JPG, 500px)]]
     104[[Image(wiki:MAX6675Instruction:19.JPG, 500px)]]
    105105
    106106表に返して、あとはピンヘッダだけです。
    107107例によって穴をジグザグに並べてあります。
    108108
    109 [[Image(20.JPG, 500px)]]
     109[[Image(wiki:MAX6675Instruction:20.JPG, 500px)]]
    110110
    111111できあがり!
     
    117117プラグを分解して、ワイヤを逆にすれば直ります。
    118118
    119 ''(2009/4/5 - sgk)''
     119''(2009/4/5 - sgk)''
     120
     121''(2012/2/9 - modified by maris)''