Changes between Initial Version and Version 1 of MAX31855Sketch


Ignore:
Timestamp:
Feb 15, 2012 11:55:45 AM (9 years ago)
Author:
maris
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • MAX31855Sketch

    v1 v1  
     1= MAX6675 K型熱電対温度センサのスケッチ =
     2
     3 * [wiki:MAX31855 概要についてはこちら。]
     4 * [wiki:MAX31855Instruction 作り方の説明はこちら。]
     5 * [http://www.switch-science.com/products/detail.php?product_id=864 キットとして販売しています。]
     6
     7どんなスケッチ(ソフトウェア)で使うのかを説明します。
     8
     9すでにモジュールが完成していて、Arduino Uno (Arduino Duemilanove) のデジタル8番~13番の位置に差し込んであるものとします。
     10
     11[attachment:max31855_example.zip このページの添付ファイル「max31855_example.zip」]をダウンロードして、展開します。[[BR]]
     12展開してできたフォルダを、Arduinoのスケッチブックのフォルダに移動します。[[BR]]
     13スケッチブックのフォルダは、ウィンドウズでは標準は「ドキュメント」(Vista/7の場合)または「マイドキュメント」(XPの場合)の中にある、「Arduino」というフォルダです。
     14
     15Arduino統合環境を起動して、「ファイル」メニューの「スケッチブック」から「max31855_example」を探して開いてください。
     16
     17あとは、普通にArduinoに書き込んで実行します。[[BR]]
     18「シリアルモニタ」を有効にすると、定期的に温度が表示されます。[[BR]]
     19K型熱電対の温度 // 基準接点の温度(max31855の温度)[[BR]]
     20「ERROR: 」と表示された場合は、熱電対がきちんとつながっていません。[[BR]]
     21続いて「Short to Vcc, 」と表示された場合は、Vcc側とショートしています。[[BR]]
     22「Short to GND, 」と表示された場合は、GND側とショートしています。[[BR]]
     23「Open Circuit, 」と表示された場合は、K型熱電対が接続されていないか、途中で切れています。
     24
     25スケッチの先頭に、以下の定義があります。
     26{{{
     27#!c
     28/*
     29// Arduinoボードの電源電圧が3.3Vの場合、
     30// 以下のマクロを有効にしてモジュールを直挿しできます。
     31#define VCC  8
     32#define GND  9
     33*/
     34}}}
     35モジュールをデジタルの8番~13番に直結したい場合は、これらの定義を有効にしてください。[[BR]]
     36VCCおよびGNDの定義は、デジタルの8番および9番からモジュールに電源供給を行うためです。
     37この方法が使えるのはArduinoの電源電圧が3.3Vの場合に限ります。Arduino UNOでは出来ません。[[BR]]
     38
     39{{{
     40#!c
     41#define SLAVE 10
     42}}}
     43SLAVEの定義は、SPIのスレーブセレクトにデジタルの何番を使うかを決めています。
     44
     45※このスケッチはArduinoIDE付属のSPIライブラリを使用しています。
     46
     47=== max31855_example.pde (Arduino 1.0付属SPIライブラリ対応版) ===
     48{{{
     49#!c
     50// K型熱電対温度センサモジュールキット(SPI接続)MAX31855使用(3.3V版)サンプルスケッチ
     51// switch-science 2012.2.8
     52
     53#include "SPI.h"
     54
     55/*
     56// Arduinoボードの電源電圧が3.3Vの場合、
     57// 以下のマクロを有効にしてモジュールを直挿しできます。
     58#define VCC  8
     59#define GND  9
     60*/
     61#define SLAVE 10
     62
     63byte enabled = 255;
     64
     65void SPI_disable() {
     66  if(enabled != 255) {
     67    digitalWrite(enabled,HIGH);
     68    enabled = 255;
     69  }
     70}
     71void SPI_enable(byte slaveselecter) {
     72  SPI_disable();
     73  digitalWrite(slaveselecter,LOW);
     74  enabled = slaveselecter;
     75}
     76
     77byte SPI_read() {
     78  return SPI.transfer(0x00);
     79}
     80
     81void setup() {
     82#ifdef GND
     83  pinMode(GND, OUTPUT);
     84  digitalWrite(GND, LOW);
     85#endif
     86#ifdef VCC
     87  pinMode(VCC, OUTPUT);
     88  digitalWrite(VCC, HIGH);
     89#endif
     90  pinMode(SLAVE,OUTPUT);
     91  digitalWrite(SLAVE,HIGH);
     92
     93  Serial.begin(9600);
     94  SPI.begin();
     95  SPI.setBitOrder(MSBFIRST);
     96  SPI.setClockDivider(SPI_CLOCK_DIV4);
     97  SPI.setDataMode(SPI_MODE0);
     98}
     99
     100void loop() {
     101  unsigned int thermocouple; // 14-Bit Thermocouple Temperature Data + 2-Bit
     102  unsigned int internal; // 12-Bit Internal Temperature Data + 4-Bit
     103  float disp; // display value
     104
     105  delay(500);
     106  SPI_enable(SLAVE);
     107  thermocouple = (unsigned int)SPI_read() << 8;
     108  thermocouple |= (unsigned int)SPI_read() ;
     109  internal = (unsigned int)SPI_read() << 8;
     110  internal |= (unsigned int)SPI_read();
     111  SPI_disable();
     112
     113  if((thermocouple & 0x0001) != 0) {
     114    Serial.print("ERROR: ");
     115    if ((internal & 0x0004) !=0) {
     116      Serial.print("Short to Vcc, ");
     117    }
     118    if ((internal & 0x0002) !=0) {
     119      Serial.print("Short to GND, ");
     120    }
     121    if ((internal & 0x0001) !=0) {
     122      Serial.print("Open Circuit, ");
     123    }   
     124    Serial.println("");
     125  } else {
     126    if((thermocouple & 0x8000) == 0){ // 0℃以上
     127      disp = (thermocouple >> 2) * 0.25;
     128    } else {                          // 0℃未満
     129      disp = (0x3fff - (thermocouple >> 2) + 1)  * -0.25;
     130    }
     131    Serial.print(thermocouple,HEX);
     132    Serial.print(" : ");
     133    Serial.print(disp);
     134
     135    Serial.print(" // ");
     136   
     137    if((internal & 0x8000) == 0){ // 0℃以上
     138      disp = (internal >> 4) * 0.0625;
     139    } else {                          // 0℃未満
     140      disp = (((0xffff - internal) >> 4) + 1)  * -0.0625;
     141    }
     142    Serial.print(internal,HEX);
     143    Serial.print(" : ");
     144    Serial.print(disp);
     145   
     146    Serial.println("");   
     147  }
     148}
     149}}}