wiki:MAX6675Sketch

Version 9 (modified by maris, 7 years ago) (diff)

--

MAX6675 K型熱電対温度センサのスケッチ

どんなスケッチ(ソフトウェア)で使うのかを説明します。

すでにモジュールが完成していて、Arduino Uno (Arduino Duemilanove) のデジタル8番~13番の位置に差し込んであるものとします。

このページの添付ファイル「MAX6675_10.zip」をダウンロードして、展開します。 展開してできたフォルダを、Arduinoのスケッチブックのフォルダに移動します。 スケッチブックのフォルダは、ウィンドウズでは標準は「ドキュメント」(Vista/7の場合)または「マイドキュメント」(XPの場合)の中にある、「Arduino」というフォルダです。

Arduino統合環境を起動して、「ファイル」メニューの「スケッチブック」から「MAX6675_10」を探して開いてください。

あとは、普通にArduinoに書き込んで実行します。 「シリアルモニタ」を有効にすると、定期的に温度が表示されます。 「-1000.00」と表示された場合は、熱電対がきちんとつながっていません。 また、モジュールが壊れている場合も同様の表示になります。

スケッチの先頭に、以下の定義があります。

#define VCC  8
#define GND  9
#define SLAVE  10

モジュールをデジタルの8番~13番に直結しない場合は、これらの定義を変更してください。
VCCおよびGNDの定義は、デジタルの8番および9番からモジュールに電源供給を行うためです。 こんなずるをしないで、ちゃんと電源に接続する場合は、この2行を削除してください。
SLAVEの定義は、SPIで言うところのスレーブセレクトにデジタルの何番を使うかを決めています。

このスケッチはArduinoIDE付属のSPIライブラリを使用しています。 古いArduinoIDEをお使いで、このスケッチが上手く動かない場合は、MAX6675.zipをお使い下さい。

MAX6675_10.pde (Arduino 1.0付属SPIライブラリ対応版)

#include "SPI.h"

#define VCC  8
#define GND  9
#define SLAVE  10

void setup() {
#ifdef GND
  pinMode(GND, OUTPUT);
  digitalWrite(GND, LOW); 
#endif
#ifdef VCC
  pinMode(VCC, OUTPUT);
  digitalWrite(VCC, HIGH);
#endif
  pinMode(SLAVE, OUTPUT);
  digitalWrite(SLAVE, HIGH);

  Serial.begin(9600);
  SPI.begin();
  SPI.setBitOrder(MSBFIRST);
  SPI.setClockDivider(SPI_CLOCK_DIV4);
  SPI.setDataMode(SPI_MODE0);
}

void loop() {
  int value;

  delay(500);
  digitalWrite(SLAVE, LOW);        //  Enable a chip
  value = SPI.transfer(0x00) << 8;  //  read High byte
  value |= SPI.transfer(0x00);      //  read Low byte
  digitalWrite(SLAVE, HIGH);         //  Desavle a chip
  
  if ((value & 0x0004) != 0){
    Serial.println("Error");
  } else {
    Serial.println((value >> 3) * 0.25);
  }
}

Attachments (4)

Download all attachments as: .zip