wiki:ModifyFTDIBasicBreakout

Version 7 (modified by sgk, 11 years ago) (diff)

--

簡易USB~シリアルアダプタを5V仕様に改造する

簡易USB~シリアルアダプタの、シリアル側は3.3V動作です。 このままでは、Arduino Pro 5V 16MHzや、 Arduino Pro Mini 5V 16MHzなど、5V動作の製品には接続できません。 ちょっとした改造で5V仕様に変更することができますので、ここで紹介します。

必要なスキル

  • ハンダ付け

必要な物

  • ハンダごて(先の細い物)
  • ハンダ少々
  • できれば、ハンダ吸い取り線
  • カッター(Pカッターだと最適ですが、普通のカッターでも大丈夫)
  • 0.2mm程度の細いワイヤ(ポリウレタン銅線など)
  • できれば、拡大鏡

ハンダジャンパをはずします

「DTR」というシルク印刷の近くにあるハンダジャンパから、ハンダごてでハンダを溶かして取り去ります。

作業前

作業後

ジャンパその1

以下の端子をワイヤでジャンパします。

  • いまはずしたハンダジャンパの端子のうち、LSIに接続された側の端子
  • ハンダジャンパからUSBコネクタの側に進んだところにある黒いコンデンサの、USBコネクタに近い側の端子

作業後

パターンカット

裏返して、シリアル側コネクタの「3.3V」端子に接続されたパターンをカットします。 Pカッターだと簡単ですが、普通のカッターでもなんとかなります。 普通のカッターを使う場合には、1mm程度空けて2カ所にカッターを入れ、間の銅箔を確実にはがしてください。

作業前(緑の×印の付近をカットします)

ジャンパその2

以下の端子をワイヤでジャンパします。

  • (裏面)シリアル側コネクタの「3.3V」端子
  • (表面)さっきのジャンパと同じく、USBコネクタ付近の黒いコンデンサの、USBコネクタに近い側の端子

作業後(裏面)

作業後(表面)

できあがり

これでできあがりです。 「3.3V」の端子には5Vが出力されています。 ただし、USBのバスから何も保護無しで接続されていますので、間違えてショートなどしないように気をつけてください。 パソコン内で保護されているはずですが、最悪の場合はパソコンの電源が落ちたり、もっと悪ければパソコンが壊れます。

(2009/2/14)

Attachments (6)

Download all attachments as: .zip