Changes between Version 1 and Version 2 of PSLab_on_WSL


Ignore:
Timestamp:
Dec 10, 2018 12:11:42 PM (10 months ago)
Author:
kishida
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • PSLab_on_WSL

    v1 v2  
    1717----
    1818
    19 == WSLのセットアップ ==
     19== セットアップ手順 ==
    2020
    2121WSLは、Windows上でLinuxのアプリケーションを簡単に実行できる簡易的な仮想環境のようなものです(技術的語弊はここでは触れないこととします)。
    2222PSLabのGUIアプリは現在Linuxを対象に開発されています。Pythonで開発されているためWindowsでの実行も可能と思われますが、現在のところより少ない手順でアプリを起動するにはLinux環境が一番簡単と思われます。
     23
    2324そのため、WindowsのWSL機能を用いてLinuxアプリを起動するという方針を取ります。
    2425
     
    6162  を加えてください。
    6263
    63   [[Image(nano-display.png)]]
     64  [[Image(nano-display.png, 600px)]]
    6465
    6566  `Ctrl + o` で上書き保存、 `Ctrl + x` でエディタを閉じます。
     
    9798  ボードをWindowsに接続すると、COMポートが現れます。デバイスマネージャーなどから確認しましょう。
    9899
    99   [[Image(com.png)]]
     100  [[Image(com.png, 600px)]]
    100101
    101102  このCOMポート番号(画像ではCOM34)の数字を、PSLabの起動時に引数として渡してあげます。この場合では、以下のようになります。
     
    113114  左の「Controls」タブを開いて、Wave 1のつまみを回してみましょう。
    114115
     116  [[Image(PSLab-ctrl.png)]]
     117
    115118  ジャンパワイヤを取り出し、基板下部のAnalogOutputの`SI1`と、基板右端の`CH1`を接続します。
    116119
     
    121124  左の「Controls」タブ内の`Oscilloscope`をクリックして、波形が表示されていれば無事信号出力と測定ができたことになります。
    122125
    123   [[Image(osc.png)]]
     126  [[Image(osc.png, 600px)]]
    124127
    125128