Changes between Version 9 and Version 10 of PhysicalFlick


Ignore:
Timestamp:
Apr 28, 2016 5:55:18 PM (4 years ago)
Author:
Shinichi Ohki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • PhysicalFlick

    v9 v10  
    36361. Arduiono Nanoを差し込みます。
    3737
     38== 使い方 ==
     39
     401. Arduiono NanoにMini USBコネクタをつないで電源を供給します。
     411. スマートフォン(もしくはBluetoothキーボード対応機器)でBluetooth機器を検索します。
     421. "Keyboard"、"MY_PHYSICAL_FLICK_KEYBOARD"などの名前(BluetoothモジュールのMAC IDの下4桁の場合もあります)で見つかるはずなので、スマートフォン上で接続します。
     431. ローマ字入力の外部物理キーボードとして使えます。
     44
     45注意点
     46
     47 -  https://github.com/SWITCHSCIENCE/mozc-devices/tree/master/mozc-furikku#rn42-configuration にあるRN-42の設定は済ませてあります。
     48 - PINコードを聞かれることはないと思いますが、もし聞かれたら1234を入力してください。
     49 - Arduino Nanoにスケッチを書く場合はBluetooth物理フリック入力キーボード基板から取り外してからにしてください。壊れはしませんが、書くのに失敗します。
     50
    3851== 公開しているデータ ==
    3952