wiki:PhysicalFlick

Version 4 (modified by Shinichi Ohki, 3 years ago) (diff)

--

Bluetooth物理フリック入力キーボードの組み立て方

Bluetooth物理フリックキーボードの組み立て方、使い方を説明します。

部品表

Bluetooth物理フリック入力キーボードの基板に搭載されている部品は以下の通りです。タクトスイッチとジョイスティックははんだ付けする必要があります。

名称型番個数部品番号はんだ付け済
チップ抵抗(1608)470Ω1R12
チップ抵抗(1608)1kΩ1R13
チップ抵抗(1608)10kΩ12R1,R2,R3,R4,R5,R6,R7,R8,R9,R10,R11,R14
チップコンデンサ(1608)0.1uF7C1,C2,C3,C4,C5,C8,C9
チップコンデンサ(2012)10uF2C6,C7
BluetoothモジュールRN-42-I/RM1U18
ピンソケット15ピンM15LOCK2JP1,JP2
A/D変換-I2CMCP3008-I/SL3U13,U14,U15
GPIO-I2CMCP23017-E/SO1U16
電源ICXC6210B332MR-G 1U17
タクトスイッチSKHHDJA0108SW1,SW2,SW3,SW4,SW5,SW6,SW7,SW8
ジョイスティックJOYSTICKPTH12U1,U2,U3,U4,U5,U6,U7,U8,U9,U10,U11,U12

このほかに、キットには

Arduino Nano1個
miniUSBケーブル1本
フリックするキーのキートップ12個
フリックしないキーのキートップ8個
タクトスイッチ用サポート部品2個

が入っています。

組み立て方

  1. ジョイスティックに付いている黒いキャップを外します。
  2. キットに入っている基板にジョイスティックとタクトスイッチをはんだ付けします。どちらのスイッチも基板にスイッチの外形が印刷されている側から差し込んで、基板の裏側からはんだ付けします。

ジョイスティックの場所とArduino Nanoに書き込んであるスケッチでの番号の対応表

Attachments (4)

Download all attachments as: .zip