Changes between Version 13 and Version 14 of TSL2561


Ignore:
Timestamp:
Jan 12, 2016 6:50:41 PM (4 years ago)
Author:
kishida
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • TSL2561

    v13 v14  
    9090下図のように配線してください。電源は3.3Vではなく5Vに接続しても構いません。
    9191(実体配線図)
     92
    9293[[Image(tes2561.png,500)]]
    9394
    9495また、Arduinoのanalogピンの部分に次のように設置することもできます。
     96
    9597[[Image(tsl2561_direct.jpg,500)]]
    9698
     
    113115== 計算方法 ==
    114116
    115 元々、TSL2561は液晶の輝度制御などに持ちられることを想定しているため、人間の目の感度特性に近い測定ができるように工夫がされています。[[BR]]
     117元々、TSL2561は液晶の輝度制御などに持ちられることを想定しているため、人間の目の感度特性に近い測定ができるように工夫がされています。[[BR]]
    116118大雑把に言えば、[[BR]]
    117119 1.もともと光センサというのは赤外線領域に対しての感度が強くなる
     
    195197  //uint16_t x = tsl.getLuminosity(TSL2561_INFRARED);
    196198
    197   Serial.println(x, DEC);
     199  Serial.println(x, DEC); //SerialPlotterが読める(IDE 1.6.6で動作確認)
    198200
    199201  // 詳細な値をよみとるサンプルです
     
    213215}
    214216}}}
     217
     218=== 動作図 ===
     219
     220 ・上記のプログラムを書き込むと、 ArduinoIDEのシリアルモニタではこのように表示されます。(センサから取得可能な値をすべて表示している状態)
     221
     222[[Image(tsl2561_serialmonitor.png)]]
     223
     224 ・ArduinoIDE 1.6.6から追加されたSerialPlotterではこのように表示されています。手をかざしたところでlux値が小さくなっているのが確認できます。
     225
     226
     227[[Image(tsl2561_plotter.png)]]