wiki:ToBeMailed

Version 1 (modified by sgk, 11 years ago) (diff)

--

主にメール便速達でお送りします

当社でご購入いただいた商品は、主にヤマト運輸のメール便速達でお送りします。

  • 合計価格がおおむね10,000円以下である。
  • DVDケースと同じ大きさの箱、A4の大きさの封筒のいずれかに入る大きさである。
  • 梱包材を含めて厚さが2cm以下である。

これら全ての条件を満たした場合、メール便速達でお送りします。 いずれかを満たさない場合は、ヤマト運輸の宅急便、郵便局のエクスパック500のいずれかでお送りします。 いずれの場合も、お客様のご負担は最大180円(合計3,000円以上のご注文で無料)です。

ご安心下さい

メール便には、内容物に対する保険はありません。 しかし、お客様のお手元に届くまでは、当社が保証します。

事故の発生確率

これまでに起きた事故は、以下のようなものがあります。

  • 荷物が行方不明になってしまった(追跡システム上で配達完了にならない)
  • 梱包の外装に汚れorキズがついて返送された。
  • 到着予定日より遅れた。

これまでの実績では、事故の発生件数は、発送の合計数の0.5%程度でした。 当社の発送実績はそんなに多くありませんので、この数字は誤差が大きいことをご承知ください(全国平均はもっと確率が低い印象です)。 遅れに補償することはできませんが、行方不明と返送については、当社から代替品をお送りしました。 ポストに投函された後で行方不明になった(お客様から指摘された)という事故は、これまでのところ全くありません。

メール便のメリット

メール便のメリットは、何と言っても、ポストに投函されるということでしょう。 宅急便だと、荷物が届くときに自宅にいなきゃいけません。 全てのお宅に宅配ボックスがあるわけではありません。 一人暮らしをしている方は、通信販売の荷物を受け取るのに苦労していらっしゃるのではないでしょうか。

もちろん、料金が安いということも重要なメリットです。 当社では合計3,000円以上のご注文なら配送料金を当社負担としています。 もちろん、当社負担としたところで、間接的にはお客様にご負担いただいているので、安い方がいいです。 宅急便だとたとえば740円となり、当社負担は現実的ではありませんから、お客様にご負担いただく必要が出てきます。 たかだか3,000円程度の商品を購入するのに、740円の送料を払うというのはどうも納得できません。

こんな理由から、上記のように事故の可能性があるものの、あえてメール便を選択しています。 0.5%は、10,000円の商品なら50円です。当社が50円を負担するのと、お客様に740円を負担いただくののどちらがいいか。 うちは、50円の負担を選択します。

(お店によっては、あえて送料をお客様負担とすることによって、お客様お一人あたりのご購入金額を高くしようという戦略をとっているところもありますけどね。)