Changes between Version 9 and Version 10 of Watch_dog_for_RPi


Ignore:
Timestamp:
Jun 12, 2015 6:04:59 PM (4 years ago)
Author:
aoki
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • Watch_dog_for_RPi

    v9 v10  
    5252'''Raspberry Pi側で準備する事は、ブートアップして準備が整ったら、監視ポート(標準ではGPIO17)にパルス信号を出すプログラムを自動で走らせる事です'''。このパルスを出すプログラムは、メインのプログラムに組み込んでも専用のプログラムにしても(あるいは両方でも)可能です。Raspberry Piの処理がスタックした場合に、パルスが止まるようになっていれば大丈夫です。[[BR]]
    5353
    54 ウォッチドック基板のマイコンは、パルスの立下りエッジを5回検出すると自動的にウォッチドッグ動作を有効にし、それ以降、異常検出のためのポートの監視を続けます(初期化パルスの検出)。この時の初期化パルスの間隔には時間制限はありません。[[BR]]
     54ウォッチドック基板のマイコンは、パルスの立下りエッジを5回検出すると自動的にウォッチドッグ動作を有効にし(初期化パルスの検出)、それ以降、異常検出のためのポートの監視を続けます。この時の初期化パルスの間隔には時間制限はありません。[[BR]]
    5555
    5656ウォッチドッグが有効になってからも、監視ポートに特定時間に1回パルスを出し続ければ、ウォッチドッグカウンターが更新されてリブートはかかりません。パルスは0.1秒~5秒未満に1回検出できれば有効で、この間隔が不規則であってもウォッチドッグカウンターは更新されます。なおパルスの間隔は、余裕を見て0.5秒~4秒程度に設定する事をお勧めします。[[BR]]