Changes between Version 20 and Version 21 of chibibit_LEDTapeBoard_samplecode


Ignore:
Timestamp:
Dec 16, 2016 7:35:04 PM (3 years ago)
Author:
ysck
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • chibibit_LEDTapeBoard_samplecode

    v20 v21  
    1010開発環境はブラウザのクッキー(Cookie)に保存されるので、オフラインでも動作します。
    1111
    12 
    1312=== 開発環境起動時の画面 [[BR]]
    1413
    1514[[Image(pxt_microbit_start.png,width="600")]]
    16 
    1715
    1816== 2.プログラミング
     
    34322. 開発環境の画面にダンロードしたファイルをドラックアンドドロップ[[BR]]
    3533
    36 
    3734なお、このファイルはchibi:bit本体に書き込むファイルそのものなので、直接chibi:bitに書き込みをしてしまっても問題ありません。
    3835
    39 '''本体に書き込むためのhexファイルを開発環境(ブラウザ)にドラッグアンドドロップすれば開発を再開できる'''という仕様は、プログラミング経験のある人だと困惑するかもしれません。
    40 
    41 
    42 
     36'''基板に書き込むためのhexファイルを開発環境(ブラウザ)にドラッグアンドドロップすれば開発を再開できる'''という仕様は、プログラミング経験のある人だと困惑するかもしれません。
    4337
    4438=== B. JavaScriptを書く(コピペ)
     
    6862"digital write Pi0 to 0 "は Advanced->Pinsタブ内にあります。
    6963
     64== 3.プログラムを基板に書き込む
     65
     662.のA~Cの手順でサンプルコードを用意したら、ダウンロードします。
     67
     68書き込み手順の画面が出てきます。以下は、そちらに書いてあるとおりの手順です。
     69
     70chibi:bit(micro:bit)は、パソコンに接続された状態でUSBフラッシュメモリの用に記憶媒体として認識されます。「CHIBIBIT(MICROBIT)」という記憶領域(デバイス)です。[[BR]]
     71ダウンロードしたファイルを記憶媒体に保存(コピーして貼り付けなど)することで、プログラムが基板に書き込まれます。[[BR]]
     72書き込みが終了すると自動的に再起動します。一時的にパソコンから見えなくなります。[[BR]]
     73基板が再起動したらもうプログラムは起動しています。(基板によってはリセットボタンを押す必要があります)[[BR]]
     74