wiki:chibibit_LEDTapeBoard_samplecode

Version 17 (modified by ysck, 3 years ago) (diff)

--

こちらのページではサンプルコードとコードの書き込み方についてまとめています。
LEDテープ基板の接続方法については こちらを参照ください。

こちらのサンプルはmicro:bitの開発環境 Microsoft PXTで実行しています。

1.開発環境を用意する

パソコンのインターネットブラウザからhttps://pxt.microbit.org/?lang=jp にアクセスします。

開発環境はブラウザのクッキー(Cookie)に保存されるので、オフラインでも動作します。

開発環境起動時の画面

2.プログラミング

サンプルコードを用意しました。といっても、三色のLEDを順番に点灯させるだけの簡単なコードです。

  • 入出力端子の出力を1にする(端子の出力が3.3 Vになる)
  • 5秒間待つ(5秒=5000ミリ秒)
  • 入出力端子の出力を0にする(端子の出力が0 Vになる)
  • 0.01秒間待つ(0.01秒=10ミリ秒)

上記の命令を入出力端子"0"、"1"、"2"それぞれ順番に実行したら、また最初から繰り返すプログラムです。

サンプルコードを開発環境に取り込む方法は3つあります。

A. サンプルコードのhexファイルを読み込む

サンプルコードのダウンロード

  1. 上記サンプルコードをダウンロードしてパソコンに保存
  2. 開発環境の画面にダンロードしたファイルをドラックアンドドロップする

B. プログラミングモードを、BlocksからJavaScriptに変更して以下のコードをコピーして貼り付ける。

basic.forever(() => {
    pins.digitalWritePin(DigitalPin.P0, 1)
    basic.pause(5000)
    pins.digitalWritePin(DigitalPin.P0, 0)
    basic.pause(10)
    pins.digitalWritePin(DigitalPin.P1, 1)
    basic.pause(5000)
    pins.digitalWritePin(DigitalPin.P1, 0)
    basic.pause(10)
    pins.digitalWritePin(DigitalPin.P2, 1)
    basic.pause(5000)
    pins.digitalWritePin(DigitalPin.P2, 0)
    basic.pause(10)
})

C. 自分でプログラムを書く

下記の画像を参考に自分でプログラムをつくる

"forever" "palse(ms)"は Basicタブ内にあります。
"digital write Pi0 to 0 "は Advanced->Pinsタブ内にあります。

Attachments (3)

Download all attachments as: .zip