Changes between Version 13 and Version 14 of esp32_setup


Ignore:
Timestamp:
Nov 27, 2017 4:24:07 PM (23 months ago)
Author:
kishida
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • esp32_setup

    v13 v14  
    8484 スイッチサイエンスのものであれば[http://www.ftdichip.com/FTDrivers.htm FTDI社のデバイスドライバ]、ESP32-DevKitCであれば[https://www.silabs.com/products/development-tools/software/usb-to-uart-bridge-vcp-drivers CP210x用のデバイスドライバ]を必要に応じて導入してください。
    8585
    86 4. ArduinoIDEのツール->ボード設定が以下のようになれば導入成功です
     864. ArduinoIDEのツール->ボード設定が以下のようになれば導入成功です(導入時期によって内容が異なることがあります)
    8787
    8888  [[Image(board.png)]]
     89
     90**スイッチサイエンスで販売しているESP-WROOM-32搭載基板は基本的に「ESP32 Dev module」を選択して開発することを想定したピン配置になっています。**
    8991
    9092=== 動作確認 ===
     
    106108 [[Image(hello.png)]]
    107109
     110
     111== BLEのセットアップ ==
     112
     1132017年10月ごろ、BLEのライブラリに公式対応しました。ただし、上記のインストール手順では導入されないため、手動でBLEのライブラリだけインストールする必要があります。
     114
     115 1. BLEのライブラリは[https://github.com/nkolban/ESP32_BLE_Arduino/tree/master ここ]です。上記手順とおなじようにGithubからダウンロードします。
     116 2. 先程導入したESP-WROOM-32のディレクトリ`C:\Users\%USERNAME%\Documents\Arduino\hardware\espressif\esp32`の更に下`esp32\libraries\BLE`に、ダウンロードした`ESP32_BLE_Arduino-master`の中身をコピーします。このようになればOKです。
     117   [[Image(esp32ble.png)]]
     118 3. 試しにArduinoIDEからファイル->スケッチ例->ESP32 BLE Arduino->BLE_server などを開いてコンパイルができることを試してください。
    108119
    109120== ATコマンドモードのセットアップ(2016/6対応) ==