Changes between Version 16 and Version 17 of esp32_setup


Ignore:
Timestamp:
Aug 6, 2018 10:55:51 AM (3 years ago)
Author:
kishida
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • esp32_setup

    v16 v17  
    6363**2017年7月末にライブラリの[https://github.com/espressif/arduino-esp32/releases/tag/1.0.0 Stable版が公開]されました。これに合わせて、ライブラリの導入方法も変更されたので、こちらに記述します。**
    6464
    65 1. Arduino IDEの設定画面を開きます。
    66 
    67 2. 追加のボードマネージャーのURLに `https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json` を追加します。
    68 
    69 3. ボードマネージャーを開いてESP32を検索し、インストールボタンを押します。
     651. Arduino IDEの ファイル->環境設定 を選び、設定画面を開きます。
     66
     672. 「追加のボードマネージャーのURL」に `https://dl.espressif.com/dl/package_esp32_index.json` を追加します。すでに何かアドレスがある場合は、 `;` で区切って入力してください。横のボタンを押すと、改行入力ができます。
     68
     69  [[Image(ide-pref3.png)]]
     70
     713. ボードマネージャーを開いて「ESP32」を検索し、インストールボタンを押します。
     72
     73  [[Image(ide-brd2.png)]]
     74
     754. ボードマネージャー上で「INSTALLED」になれば導入完了です。開発の際は、お手元の開発ボードに合わせてターゲットを変更してください。
     76  **スイッチサイエンスで販売しているESP-WROOM-32搭載基板は基本的に「ESP32 Dev module」を選択して開発することを想定したピン配置になっています。**
     77
     78ちなみに、BLEライブラリもこの手順で導入される模様です。
    7079
    7180
     
    124133
    125134== BLEのセットアップ ==
     135
     136
     137**2018年7月頃に、導入方法がArduinoIDEのライブラリマネージャーベースのものになりました。それと同時に、ライブラリの導入が自動化されました。以下は参考程度に残しておきます。**
    126138
    1271392017年10月ごろ、BLEのライブラリに公式対応しました。ただし、上記のインストール手順では導入されないため、手動でBLEのライブラリだけインストールする必要があります。