Changes between Version 2 and Version 3 of esp_dev_arduino_ide


Ignore:
Timestamp:
Feb 1, 2016 3:13:50 PM (5 years ago)
Author:
soumura
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • esp_dev_arduino_ide

    v2 v3  
    66
    77=== 1.Arduino IDEにESP8266ボードを追加 ===
    8 バージョンが1.6.X系のArduino IDEを用意します。今回は1.6.7を使用しました。[[BR]]
    9 まずファイル→環境設定を開きます。
     8バージョンが1.6.X系のArduino IDEを用意します。今回は1.6.7を使用しました。(2016.02.01現在)[[BR]]
     9まずファイル→環境設定を開きます。[[BR]]
     10Settingタブ内のAdditional Boards Manager URLsに次のURLを入力します。[[BR]]
     11http://arduino.esp8266.com/stable/package_esp8266com_index.json [[BR]]
     12[[Image(esp_arduino1.png,500)]][[BR]]
     13[[Image(esp_arduino2.png,500)]][[BR]]
    1014
    11 [[Image(esp_arduino1.png,300)]][[BR]]
    12 [[Image(esp_arduino2.png,300)]]
     15
     16次に、ツール→マイコンボード→ボードマネージャーを選択します。[[BR]]
     17esp8266という項目があるはずなので、バージョンを選択してインストールボタンを押します。[[BR]]
     18ここではver 2.0.0を選択しました。[[BR]]
     19[[Image(esp_arduino3.png,500)]][[BR]]
     20[[Image(esp_arduino4.png,500)]][[BR]]
     21
     22インストール完了[[BR]]
     23これでESP-WROOM-02開発ボードをArduino IDEで開発できるようになりました。[[BR]]
     24[[Image(esp_arduino5.png,500)]][[BR]]
     25
     26
     27=== 2.ボード選択 ===
     28ツール→マイコンボード→Generic ESP8266 Moduleを選択します。
     29[[Image(esp_arduino6.png,500)]][[BR]]
     30|| Flash Mode || QIO ||
     31|| Flash Frequency || 40MHz ||
     32|| Upload Using || Serial ||
     33|| CPU Frequency || 80MHz ||
     34|| Flash Size || 4M(3M SPIFFS) ||
     35|| Reset Method || nodemcu ||
     36|| Upload Speed || 115200 ||
     37|| シリアルポート || 開発ボードのシリアルポート番号 ||
     38[[Image(esp_arduino7.png,500)]][[BR]]
     39
     40=== 3.スケッチ書き込み ===
     41スケッチを作成して、買い込みボタンを押せば開発ボードにスケッチが書き込まれます。[[BR]]
     42開発ボードにはリセットボタンとIO0のモード切替ボタンが付いていますが、Reset Methodをnodemcuに設定していればボタンの操作をしなくとも、自動的に書き込みを行います。[[BR]]
     43
     44[[Image(esp_arduino8.png,500)]][[BR]]
     45
     46「マイコンボードへの書き込みが完了しました。」と表示されれば終了です。