Changes between Version 4 and Version 5 of ssciPCB-gerber


Ignore:
Timestamp:
Mar 22, 2016 3:34:10 PM (4 years ago)
Author:
asagi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ssciPCB-gerber

    v4 v5  
    11== ガーバーデータの書き出し方(Eagle編)==
    2 [[BR]]
    32このページでは、Eagleで設計したアートワークをスイッチサイエンスPCBの仕様に合ったガーバーデータとして書き出す方法について説明します。[[BR]]
    43[[BR]]
    54
    6 === 1. Eagleのデータについて ===
    7 基板図の「.brd」ファイルのふたつのファイルから構成されています。brdファイルを基板製造機が読めるフォーマットに変換したものがガーバーデータです。スイッチサイエンスPCBでは、RS-274xフォーマットを採用しています。[[BR]]
     5=== 0. ガーバーデータとは ===
     6基板の設計データの仕様データを、基板製造機で読めるフォーマットに変換したものがガーバーデータです。ガーバーデータの形式には標準フォーマットと呼ばれるものと、拡張フォーマットと呼ばれるものがあります。スイッチサイエンスPCBでは、拡張フォーマット(RS-274x)を採用しています。
     7
     8=== 1. 事前に用意するファイルについて ===
     9ガーバーデータを書き出すためには次のふたつのファイルが必要です。
     10* DRCが通っている基板図のデータ(brdファイル)
     11* [https://www.switch-science.com/pcborder/techguide/#design_rule スイッチサイエンスPCBで配布してるCAMプロセッサ]
    812[[BR]]
    9 ガーバーデータを書き出すために必要なファイルが技術ガイドのページからダウンロードできるCAMプロセッサです。[[BR]]
    10 [[BR]]
    11 .schファイルの様子[[BR]]
    12 .brdファイルの様子[[BR]]
    13 
    1413=== 2. ガーバーデータの書き出し方法 ===
    15 1. 次のふたつのファイルを用意してください。[[BR]]
    16 [[BR]]
    17 * DRCが通っている基板図のデータ(brdファイル)
    18 * [https://www.switch-science.com/pcborder/techguide/#design_rule スイッチサイエンスPCBで配布してるCAMプロセッサ][[BR]]
    19 2. brdデータをEagleで開いてください。[[BR]]
     141. brdデータをEagleで開きます。[[BR]]
    2015[[画像リンク]][[BR]]
    21163. File>CAM Processorから、CAMプロセッサを開いてください。