wiki:ssciPCB-gerber

Version 1 (modified by asagi, 3 years ago) (diff)

--

ガーバーデータの書き出し方(Eagle編)


このページでは、Eagleで設計したアートワークをスイッチサイエンスPCBの仕様に合ったガーバーデータとして書き出す方法について説明します。


1. Eagleのデータについて

Eagleで設計をするときは、回路の設計を行う「.sch」ファイルと基板上の部品配置や基板の形などを設計する「.brd」ファイルを用意します。brdファイルを基板製造機が読めるフォーマットに変換したものがガーバーデータです。ガーバーデータを書き出すために必要なファイルが技術ガイドのページからダウンロードできるCAMプロセッサです。

.schファイルの様子
.brdファイルの様子

2. ガーバーデータの書き出し方法


No image "RasPi_HAT_milling.png" attached to ssciPCB-gerber

1) Wireコマンドを選択
No image "Eagle_wire.png" attached to ssciPCB-gerber

2) Layerは「46 Milling」を選択
No image "Eagle_46_Milling.png" attached to ssciPCB-gerber

3) 長穴をいれたい箇所に、1mm x 2mm 以上の大きさになるように線を引く
No image "Eagle_Properties.png" attached to ssciPCB-gerber

Attachments (6)

Download all attachments as: .zip