Changes between Version 40 and Version 41 of ssciPCB-milling


Ignore:
Timestamp:
Apr 14, 2016 5:19:44 PM (4 years ago)
Author:
asagi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ssciPCB-milling

    v40 v41  
    11= 長穴の作り方(Eagle編) =
    22[[BR]]
    3 このページでは、Eagleを使ってスイッチサイエンスPCBの仕様に合った長穴の作成方法について説明します。画像は、クリックすると別タブで開きます。[[BR]]
     3このページでは、Eagleを使ってスイッチサイエンスPCBの仕様に合った長穴の作成方法について説明します。画像は、クリックすると別タブで開きます。Eagle6.6を使ってスクリーンショットを撮っているので、アイコンの形が最新版と異なります。[[BR]]
    44[[BR]]
    55== 1. スイッチサイエンスPCBの長穴の仕様を確認 ==
     
    4545
    4646== 3. メッキ付き長穴の設計方法 ==
    47 メッキ付き長穴はライブラリを用意しました。ライブラリはGitHubに置いてありますので、ダウンロード方法を説明します。データをダウンロードするだけですので、GitHubのアカウントや専用のソフトなどは必要ありません。[[BR]]
     47メッキ付き長穴はライブラリを用意しました。ライブラリはGitHubに置いてありますので、ダウンロード方法を説明します。データをダウンロードするだけですので、GitHubのアカウントや特別なソフトなどは必要ありません。[[BR]]
    4848
    4949まずGitHubの[https://github.com/SWITCHSCIENCE/ssci-eagle-public ssci-eagle-public]にあるDownload ZIPボタンを押して、ZIPファイルをダウンロードします。[[BR]]
     
    5353[[Image(ssci-eagle-public-masterFolder.png,500px)]][[BR]]
    5454
    55 milling.lbrをEagleのライブラリフォルダに移動させます。次回のEagleの起動時から、ライブラリを使えるようになります。[[BR]]
     55milling.lbrをEagleのライブラリフォルダに移動させます。ライブラリフォルダがどこかわからない場合は、メニューバーのOptions > Librariesから確認できます[[BR]]
     56[[Image(Directories.png​,500px)]]
     57
     58Eagleを立ち上げると、ライブラリが入っていることを確認できます。[[BR]]
    5659[[Image(addedLibrary.png,500px)]][[BR]]
    5760