Changes between Version 61 and Version 62 of ssciPCB-milling


Ignore:
Timestamp:
May 6, 2016 5:18:53 PM (2 years ago)
Author:
asagi
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • ssciPCB-milling

    v61 v62  
    7979[[Image(EditLibrary_circuit.png​,500px)]][[BR]]
    8080
     81新しくでてきたEditウィンドウのNewボックスにSymbol名を入力して、OKボタンを押します。[[BR]]
     82[[Image(EditPakcage.png​​)]][[BR]]
     83
    8184Pinコマンドを選択して、端子をふたつ作ります。[[BR]]
    8285[[Image(CircuitPin.png​,500px)]][[BR]]
     
    8891[[Image(SymbolWire.png,500px​)]][[BR]]
    8992
    90 これでSymbolは完成です。最後にPackageとSymbolを対応させるために、ICマークの左側のdeviceボタンをクリックします。[[BR]]
    91 [[BR]]
    92 [[Image(EditDevice.png, 500px)]]
     93これでSymbolは完成です。最後に、ICマークの左側のdeviceボタンを押して、PackageとSymbolの対応をとります。[[BR]]
     94[[Image(EditDevice.png, 500px)]][[BR]]
     95
     96
     97
    9398
    9499
     
    103108
    104109milling.lbrをEagleのライブラリフォルダに移動させます。ライブラリフォルダがどこかわからない場合は、メニューバーのOptions > Librariesから確認できます。[[BR]]
    105 [[Image(Directories.png​,500px)]]
     110[[Image(Directories.png​,500px)]][[BR]]
    106111
    107112Eagleを立ち上げると、ライブラリが入っていることを確認できます。[[BR]]
    108113[[Image(addedLibrary.png,500px)]][[BR]]
    109114
    110 milling.lbr内のMILLNG.pacには2.54 mm × 1mmのメッキ付き長穴のデータが入っています。異なるサイズの長穴が必要な場合は、ご自身で編集してください。
     115milling.lbr内のMILLNG.pacには2.54 mm × 1mmのメッキ付き長穴のデータが入っています。異なるサイズの長穴が必要な場合は、ご自身で編集してください。[[BR]]
    111116[[Image(MILLINGpac.png​,500px)]][[BR]]
    112117