Changes between Version 10 and Version 11 of startup-nekoboard2


Ignore:
Timestamp:
Apr 18, 2016 4:51:07 PM (4 years ago)
Author:
soumura
Comment:

--

Legend:

Unmodified
Added
Removed
Modified
  • startup-nekoboard2

    v10 v11  
    63633.スクラッチでプログラミングします。[[BR]]
    6464 a.まずスクラッチの構成を確認しましょう。[[BR]]
    65  [[Image(scratch-74.JPG,300)]][[BR]]
     65 [[Image(scratch-74.JPG,500)]][[BR]]
    6666
    6767  ①出来上がったプログラムを動かす場所です。[[BR]]
     
    7272 ③にあるスクリプトはプログラミングで使う命令が置かれています。キャラクターを動かしたりする命令がいくつもあります。[[BR]]
    7373 ③にあるコスチュームはプログラムで動くキャラクターを作る場所です。ためしにコスチュームを選んでみましょう。中には2種類の猫の絵が登録されています。2二つの絵には「costume1」「costume2」と名前がつけられています。それぞれを交互に選択してみると猫の足が動いているように見えるはずです。[[BR]]
    74   [[Image(scratch-66.JPG,300)]][[BR]]
     74  [[Image(scratch-66.JPG,500)]][[BR]]
    7575
    76  b.それでは実際にプログラミングをはじめましょう。まず最初にスクリプトの中から
     76 b.それでは実際にプログラミングをはじめましょう。まず最初にスクリプトの中から「イベント」を選択します。すると茶色のブロックが下図のように表示されます。[[BR]]
     77  [[Image(scratch-76.JPG,500)]][[BR]]
     78
     79  「イベント」の中の[[Image(scratch-69.JPG)]]をドラッグアンドドロップで④エリアに移動させます。[[BR]]
     80  [[Image(scratch-53.JPG,500)]][[BR]]
     81
     82 c.次に「制御」を選択して、オレンジ色のブロックから[[Image(scratch-70.JPG)]]を探して④エリアにドラッグアンドドロップしてください。このとき[[Image(scratch-69.JPG)]]の下にぴたっとくっつくように置いてください。[[BR]]
     83  [[Image(scratch-55.JPG,500)]][[BR]]
     84
     85 d.続けてオレンジのブロックから[[Image(scratch-71.JPG)]]を選択して、④エリアにドラッグアンドドロップしてください。このとき[[Image(scratch-70.JPG)]]の中にぴたっとくっつくように置いてください。
     86  [[Image(scratch-56.JPG,500)]][[BR]]
     87
     88 e.今度は「見た目」を選択して、紫色のブロックから[[Image(scratch-72.JPG)]]を選び、[[Image(scratch-71.JPG)]]の上段にぴたっとはまるように置いてください。ドラッグアンドドロップした[[Image(scratch-72.JPG)]]の▼をクリックすると下図のように「costume1」「costume2」と表示されますのでcostume1をクリックしてください。[[BR]]
     89  [[Image(scratch-59.JPG,500)]][[BR]]
     90
     91 f.同じようにして[[Image(scratch-72.JPG)]]を選択して、[[Image(scratch-71.JPG)]]の下段にcostume2を配置しましょう。[[BR]]
     92  [[Image(scratch-60.JPG,500)]][[BR]]
     93
     94 g.「演算」をクリックして、緑色のブロックの中から[[Image(scratch-73.JPG)]]を選択して④エリアにドラッグアンドドロップしてください。このとき[[Image(scratch-71.JPG)]]の「もし□なら」の□の部分にぴったりとくっつくように配置してください。
     95  [[Image(scratch-62.JPG,500)]][[BR]]
     96
     97 h.[[Image(scratch-73.JPG)]]の右側の□に50と書き込みます。[[BR]]
     98  [[Image(scratch-63.JPG,500)]][[BR]]
     99
     100 i.「その他」の黒いブロックの中から、[[Image(scratch-68.JPG)]]を選択して、[[Image(scratch-73.JPG)]]の右側の□にぴたっとはまるように配置します。[[BR]]
     101  [[Image(scratch-65.JPG,500)]][[BR]]
     102
     1034.実行してみよう!
     104 これでプログラミングは完了です。nekoboard2のスライダーを左右に動かすとスライダーの値が0~100の範囲で変化します。このプログラムはスライダーの値が50より大きければcostume1を表示して、そうでないなら(50以下なら)costume2を表示するというものです。下図の矢印の位置にあるをクリックするとプログラムが動き出します。その右隣にあるでプログラムをとめることができます。nekoboard2のスライダーを左右に動かすと猫のキャラクターの足がパタパタします。
    77105
    78106
     107