wiki:tinker-with-Leonardo

Version 2 (modified by maki, 7 years ago) (diff)

--

Arduino Leonardoで遊んでみる

Arduino Leonardoをついに入荷したので、張り切って遊んでみました!
今までのArduinoとの最大の違いは、USB通信の部分です。これまでのArduinoボードでは、USB接続を制御する用と、Arduinoを動かす用に別々のマイコンを搭載していました。Leonardoでは一つのマイコンでUSB通信の制御も、Arduino本体の動作の制御も行っています。

というわけで、マウスポインタをぐるぐるまわすスケッチで遊んでみました。

準備する物

1.Arduino Leonardoのボード
2.Arduino IDE 1.0.1をインストールしたパソコン
3.マイクロUSBのB端子を持つケーブル

以下のスケッチをコピペして、今までのArduinoと同じようにアップロードして下さい。

int phase =0;
int full =100;
int radius =100;
int delay_msec =2;

int x = radius;
int y =0;

void setup() {
}

void loop() {
  ++phase;
  phase %= full;

  double th =3.141592*2* phase / full;
  int xx = radius * cos(th);
  int yy = radius * sin(th);
  Mouse.move(xx - x, yy - y, 0);
  x = xx;
  y = yy;
  delay(delay_msec);
}

アップロードが終わったら、マウスポインタが勝手にぐるぐる回り始めます。

違うスケッチを書き込むには

上のスケッチを書き込んだArduino Leonardoをパソコンに接続すると、マウスポインタがぐるぐるぐるぐる回り続けるので、別のスケッチを書き込むことのが大変なんじゃないか!?というか、できないのではないか!という不安にとらわれると思いますが、もちろん大丈夫です!!!
そのためにあるリセットボタン!
Arduino Leonardoのボードの左上にあるリセットボタンを押し、押し続けた状態で別のスケッチを書いたIDEの「マイコンボードに書き込む」ボタンをクリックします。Arduino IDEのステータスバーに「マイコンボードに書き込んでいます…」と表示された後にリセットボタンから指を離して下さい。これで、新しい別のスケッチの書き込みは完了です。