wiki:AquesTalkProtoShieldBasicKitAssemble

Version 3 (modified by maris, 8 years ago) ( diff )

--

AquesTalkプロトシールド基本キットの組立て方

内容物

写真がキットの内容物です。 Arduinoと接続するピンソケットは付属していないので、別途ご用意下さい。

R1,R2,R5,R8,R10

抵抗の足を0.4インチ幅でまげて、基板に差込みハンダ付けします。

R3,R4

抵抗の足を0.6インチ幅でまげて、基板の図の位置に差込みハンダ付けします。
このようにする事で、ジャンパのはんだづけ箇所を減らしています。

ジャンパ

これまにでに切った抵抗の足などを使ってを0.1インチ幅でまげ、基板の図の位置に差込みハンダ付けします。
JP9では特殊な繋げ方をしていますが、I2C接続に固定でATP3010/ATP3011シリーズを使う時は、このジャンパだけで動作します。

C1,C4,C5,C6,C10

コンデンサを、基板の図の位置に差込みハンダ付けします。
パーツの調達の都合で、0.2インチピッチのパーツが入っている場合があります。その場合はラジオペンチなどで加工してください。

Attachments (17)

Note: See TracWiki for help on using the wiki.